薬学部の学生さんは気になる職場でのバイトがおすすめ!


こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は薬学部の学生さん向けに、

気になっている職場でのバイトをおすすめする理由を書いていきます。

 

多くの薬学部の学生さんが新卒で大手さんに入社されますが3年以内に離職することが多いです。

アルバイトをするとそちらを防げます。

ちなみに実習でも同じように職場の雰囲気がある程度つかめます。

薬学部生は就職がイージーですがだからといって転職を繰り返すのは良くないです。

 

良く聞かれるので書いておくとアルバイト先は大学の就職課に行って探しましょう。

求人が届いている会社は前向きに検討してくれるはずです。

 

 

就職した際のミスマッチが防げる

 

薬学部以外の学生さんも同じですが、

アルバイトをしておくとミスマッチが防げます。

 

薬剤師の業務も

「給料が良いからドラッグストアで!」

という方が、実際に就職すると向いていなかったと早期退職するケースはあります。

 

就職してすぐに転職するのは長期的なキャリアを考えるとおすすめはできません。

せっかくなので長期的に働ける職場をさがしましょう。

 

 

バイトでミスマッチが防げる理由

 

バイトをおススメする理由の大きなポイント。

バイトでミスマッチが防げる理由を書いていきます。

 

職場の雰囲気がわかる

 

入ってみると、

「先輩のAさんとBさんが対立している」

という笑えない状態にあることもあります。

 

また、上司の方が全く力になってくれないというようなこともあります。

バイトを行うと、知らずに劣悪な環境に飛び込んでしまうリスクを防げます。

 

これはバイト以外にも実習でもわかります。

同級生同士で情報共有をするのもひとつです。

 

実際の業務がわかる

 

「うちは色々な業務ができるよ!」と言われて入ったら、

実際は調剤以外はやらせてもらえないということもあります。

 

これはアルバイトをしに行ってもある程度わかります。

バイトでも比較的色々な仕事を任せてくれる職場もあります。

逆にバイトだからと同じ仕事しか任せてくれない職場もあります。

 

実際に働いている人と接することができる

 

これが一番大きいです。

 

その職場では

「退職する人が多い」「長期で働いている人がいない」

などわかるのもアルバイトをおすすめする大きな理由です。

 

ある程度忙しくても耐えられますが、

人間関係が劣悪だと耐えられません。

 

就職活動の時間削減に繋がる

 

製薬会社や公的病院などの人気の職場以外であれば、

バイトをするだけで内定を貰えることもあります。

 

またご自身が果たしてその業種に向いているのかもわかります。

病院薬剤師を目指していた方が実際にバイトをして、

向いていないことがわかり、それ以外の業種に就職することもあります。

 

 

まとめ

 

薬学部の時代にバイトをするとメリットがたくさんあります。

ご自身に合う職場を探す為にぜひ活用してください。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由