「薬剤師はハローワークで求人を探すべき?」まとめてみた。

[最終更新日]2018/03/21


「薬剤師はハローワークで求人を探すべき?」まとめてみた。

 

こんにちは!

 

好きな番組は

「もやもやさまぁ~ず」「探偵ナイトスクープ」

です!

 

一般の方と芸人さんが絡んでいると

思わぬ化学反応を起こすときがありつい見ちゃいますね。

 

今回は薬剤師さんに限らず転職をされる方が

気にされる内容について書いていきます。

 

 

薬剤師さんはハローワークで求人を探すべき?

 

結論から言うとハローワークが良いかどうかは人によります。

 

「ハローワークにいい求人なんてない」

という方もいらっしゃるかもしれませんが一概にそうとも言えません。

ハローワークに思いがけず良い求人があることもあります。

 

詳しくは後ほど書きますがご自身で給与の交渉をしたり

求人を探したりすることが好きであればお勧めします。

 

こればかりは本当に人によるので、

ハローワークの良いところと悪いところを書いていきます。

 

私もハローワーク使いました

 

ちなみに私も独立した際や転職した際に

ハローワークにはお世話になっており、実際に使っています!

 

タイトルに書いてある通り、3つずつ書いていきます。

では行きましょう。

 

 

ハローワークの良いところ

 

1.求人数が多い

 

ハローワークは、薬剤師の求人はかなり多いです。

恐らく求人サイトなどよりも多いと思います。

 

ちなみに求人数が他のサイトに比べて

何倍もあるハローワーク以外のサイトは、

同じ求人を載せていることが多いです。

 

ただ大手の薬局グループは

あまりハローワークに載せていないことが多いです。

 

ハロワ限定の求人もあります

 

求人サイトに載っていない求人を探したいときは

ハローワークの求人を覗くのもお勧めです。

 

薬剤師に限らないですが、

ブラック企業の求人も残念ながら混じっています。

 

ハローワークの担当者は意外に頼りになる

 

またハローワークの求人は掲載期間が決まっているのと、

応募するときにまだ募集しているか相談員の方がその場で確認してくれます。

 

その為、求人サイトや転職エージェントによくある

「実はこの求人さっき決まってしまって他の求人どうですか?」

という不動産屋さんのようなパターンはないです。

 

余談ですが朝8時30分からハローワークは開いていて、

9時30分営業開始の会社にも8時30分に相談に行ったときはかけてくれました。(笑)

 

正直、少しドキドキしましたね。

 

 

2.すぐに相談員の方に相談できる

 

「仕事を探す」「転職をする」というのは孤独を伴います。

 

転職エージェントの場合も向こうの都合で

予定をあわせなくてはいけないこともありますが、

基本的にはハローワークが開いている時間であれば

相談員の方が相談に載ってくれます。

 

相談員の方との相性もある

 

これはあくまで私の感想ですが、

やはり相性があるので自分にとって役に立つ情報を教えてくれる方と

相談してもあまり実にならない方がいらっしゃいます。

 

できれば相性のいい方がいいのですが、

基本的には空いている相談員の人の対応となります。

恐らく指名すれば対応してくれる思うのですが。

 

 

3.採用する側の費用がかからない

 

直接的には関係ないですが、求人サイトに載せる場合には

掲載費用を転職エージェントには紹介料を採用した法人は払っています。

 

ハローワークは求人掲載が無料の為、人事担当者はとても喜びます。

 

皆さんご存知のリクナビさんやマイナビさんに掲載するには数十万円かかります。

それが無料なのは喜びますよね。

 

「人事担当者を喜ばせたらなにかメリットがあるのか」と聞かれると、

なにもないことの方が多い気がします。

 

 

おまけ.職業訓練が充実している

 

これは復職する方やとりあえずお仕事をお休みされたい方にオススメです。

職業訓練校に通いながら給付金をもらうことができます。

 

色々な訓練があるので調べて頂ければと思うのですが、

女性向けですとフラワーアレンジメントや

ネイリスト、アロマなどの職業訓練があります。

 

調剤薬局やドラッグストアのサービスの一つとして

ネイルやアロマは面白いかもしれませんね。

男性もプログラマや電気工事関連のお仕事などたくさんあります。

 

こちらは通いながらお金をもらえるので

「精神的に疲れたから少し薬剤師関連のお仕事と距離を置きたい」

「とりあえず薬剤師以外の仕事も経験してみたい」

という方にはオススメです。

 

 

ハローワークの弱いところ

 

1.相談員の方は薬剤師に特化しているわけではない

 

薬剤師に特化しているわけではないです。

「処方箋は何科を受けているんですか?」

と聞いても「???」となることは間違いないです。

 

あくまでハローワークは「悩み」を聞いてくれる場だと思ったほうがいいでしょう。

基本的にはごく普通の回答が返って来ます。

 

また相談員の人による差もあるため、

「相談しないほうが良かったな」と思ってしまうことがあるのも事実です。

これは相性になるのでハローワークの方に限りませんが。

 

 

2.制限があっても応募が出来てしまう

 

求人には年齢制限や男女の制限があることがあります。

例えば「男性希望」や「会社の方針で40歳までしか採用しない」などです。

 

ただハローワークは公的機関になる為、

基本的には定年以内の応募者は全て応募可能ということになっています。

 

その為、ご自身が会社の募集条件に

合わなかった場合も書類選考に進んでしまいます。

 

つまり書類選考が通らないと確定しているのにも

関わらず書類を作成して送らなければいけなくなります。

 

 

3.給与などの交渉は自分で行う

 

基本的にハローワークの方は応募できるかどうかの確認のみになります。

 

私自身が「面接に行ったけれど辞退したい」と伝えたことがありますが、

「出来ればご自身でご辞退の電話をしてください。」と言われました。

 

待遇の交渉は自分で行う

 

また受かったからといって給与の交渉なども特にはしてくれません。

一番のマイナスはこちらだと思います。

 

ハローワークは求人を自分で探して、

ハローワークの人が募集を確認してくれる。

それ以降は自分で対応することになります。

 

転職エージェントの人間でも

自分の転職で待遇の交渉をするのはなかなか難しいです。

 

特にお金の話となると誰かが間に入ってくれるだけでだいぶ違うものです。

これから上司になるかもしれない人になかなか給与の交渉はできないですよね。

 

 

私ならこうする

 

最後に私ならこうするという方法を書きます。

 

直接応募をしたい場合は、ハローワークで調べて直接電話やメールをします。

 

理由は書類選考をするための書類を作ったのに不採用になるのが嫌なので、

それならば募集の条件を満たしているかを事前に教えてもらいます。

 

ただ薬剤師さんは人材不足の為、給与アップが可能です。

それを自分で行って失敗した方も見ているので

やはり転職エージェントに頼むと思います。

 

転職エージェントをしていて、

「採用費を削ろうとする会社は人件費も削ろうとする傾向がある」

というのを知っているので、そこも一つのフィルターになるからです。

 

ご自身で給与の交渉も出来るという方は

ハローワークを利用されても全く問題ないかと思います。

 

私も以前の転職ではリクルートさんなどを使わずに自主応募していました。

その際はハローワークではなく、気になった会社のサイトからでしたが。

 

今回はそんな感じです!

なにか質問などあればコメントをお気軽にどうぞ!

 

では!

 


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!