【真相究明】薬剤師の病院から薬局への転職は不安がいっぱい!?


こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は病院から薬局への転職について書いていきます。

転職自体はほとんどの方が問題なくできます。

 

それ以外の不安を抱かれることが多い点を書いていきます。

 

 

病院と薬局の仕事の違いについて

 

まずは病院薬剤師の業務(参考:東京都病院医師会)を見てみてください。

 

病院といってもさまざまで、

この中の調剤業務しか行わない病院もあります。

 

同じグループでの異動でしたらそこまで違いは出ないかもしれませんが、

基本的には病院によって業務の差がとてもあります。

その為、ご自身の病院での業務をイメージして頂けると幸いです。

 

 

調剤薬局の業務とは

 

業界大手の日本調剤さんの調剤業務についてのサイトをご覧ください。

基本的には調剤・投薬業務がメインとなります。

 

薬局さんによっては在宅なども積極的に行っているところもありますが、

基本的には調剤・投薬がメインになると思われた方が良いです。

調剤~投薬までの流れも微妙に会社により違います。

気になる方はしっかり確認しましょう。

 

病院と調剤薬局の大きな違いは調剤薬局では患者さんがお待ちになっています。

院内処方の病院にお勤めの方以外はこちらにプレッシャーを感じる方は多いです。

入院患者さん向けの調剤のみの場合はそこまでプレッシャーを感じずに業務を行うことが多いです。

 

 

ドラッグストアの業務とは

 

どの位置を目指すかによって変わってきますが、

入社時は基本的には買い物に行かれた際の

ドラッグストアをイメージして頂ければわかりやすいです。

 

お客様から薬の相談などを頂き、それを販売する。

忙しさによりますが、品出しをする等の店舗業務を行う所もあります。

 

キャリアアップをしていくと、バイヤーや

マーケティング担当などにもなることが可能です。

どちらかというとお店の売上を上げていく、

マーケティングに興味がある方に向いています。

 

「病院で調剤を経験している」とお伝えになると

多くの方が調剤併設のドラッグストアへ配属になると思います。

 

 

病院から他業種に転職するメリット

 

業務内容は上記と内容と

ご自身の現在のお仕事内容を比較して頂ければと思います。

続いて仕事以外でのメリットを記載していきます。

 

調剤薬局は病院より給料が高い

 

病院薬剤師の年収は安いと300万円。

中堅の薬剤師さんでも年収400~450万円程度です。

僻地の療養型病院などは年収600万円等の場合もあります。

 

調剤薬局は新卒でも年収400万円前後。

管理薬剤師になれば年収600万円程度となります。

 

ドラッグも新卒で年収600万円を出している会社があり、

病院薬剤師と比べ、給料が高いです。

 

病院から薬局へ転職する方の多くが

年収アップを希望され転職をされます。

 

夜勤をたくさんこなしている方は夜勤手当で年収が高くなっている為、

そこまで実感されない方もいらっしゃいます。

 

管理体制がしっかりしている

 

個人経営の1~3店舗の薬局を除き、

基本的にはきちんとした管理体制となっています。

 

病院は管理体制が整っている所はあまり多くなく、

病院から薬局へ転職された薬剤師さんは安心して仕事をすることが可能です。

 

具体的は管理体制とは

 

人事考課制度や有休、保険関連の処理などを

しっかりしていていない病院はあります。

 

しかし複数店舗経営している薬局は

こちらがきちんとしていることが多いです。

個人店の薬局だと同じように管理がしっかりしていない所もあります。

 

 

まとめ

 

病院から薬局へ転職をする際に業種が変わるため

不安を感じる方は多いと思います。

 

ご自身にとっての優先順位をしっかり定めて転職することをおススメします。

 

私も転職エージェントです。

お気軽にご連絡ください!

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由