※必読※薬剤師の派遣会社が挙げるメリットを検証してみよう

[最終更新日]2018/08/05


※必読※薬剤師の派遣会社が挙げるメリットを検証してみよう

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

派遣会社のサイトやランキングサイトに記載がされているメリットは本当なのでしょうか。

メリットが全て本当かどうかわかりません。

それらを検証してみました。

 

 

口コミやランキングサイトでは教えてくれないこと

 

さて今回は薬剤師の派遣会社が上げるメリットを検証していきます。

「薬剤師 派遣会社」で検索すると案の定アフィリエイトのサイトしか出てきません。

 

アフィリエイトは宣伝することで収益を上げているサイトです。

詳細はまだ薬剤師の転職サイトランキングを信じてるんですか?を読んでみてください。

 

「派遣会社の耳障りの良い言葉に誘われて働いたらあとで苦労した。」

と悲しい思いをしないように参考にしてみて下さい。

 

ちなみに私は大手派遣会社出身です。

派遣会社の営業をしていましたし、派遣スタッフとして働いたこともあります。

 

 

派遣会社が挙げるメリットを検証

 

派遣会社が挙げるメリットを検証していきます。

派遣会社に限らず、自社のサービスを使って欲しい人は基本的にメリットしか言いません。

 

少し極端ですが

「このバナナ全然おいしくないよー。」

と言われて買う人はいませんからね。

 

代表的な派遣会社が挙げるメリットを検証していきます。

 

 

1.勤務条件が選びやすく、家事や育児・プライベートの両立がしやすい

 

結論から言うと、子育てをされている方はパートで勤務した方が融通は利きます。

 

時給が高いということは、それだけ派遣会社に費用を支払っているのです。

それでも派遣社員をお願いする職場は人が本当に足りない所です。

その為、ギリギリの人数で運営しているところが多いです。

 

人が足りなくて営業できるか微妙なラインの人材として

お願いしているのに急に休まれたら困ります。

 

休んだらクレームになる可能性も

 

派遣社員も無理をして休むことは可能ですが、派遣会社にクレームがいきます。

必然的にご自身の評価は下がっていきます。

 

そういった理由で融通を利かせて働きたい方は

薬剤師さんの人数が多い職場にパートで勤務されたほうが急用には対応できます。

 

今の会社が大手で異動が嫌という方は相談すれば

異動が不要な準社員や地域限定社員になれることがほとんどです。

今の勤務先に相談してみましょう。

 

 

2.短期間でいろいろな職場で働ける

 

「なぜ色々な職場で働きたいのか?」

によりますが、こちらも派遣社員にならなくても可能です。

 

例えば、日本調剤さんやスギ薬局さんのように

たくさん薬局を運営している職場であれば、そういう働き方をさせて貰えば良いのです。

 

例えば、

月・水・金 ⇒ 新宿の店舗  火・木 ⇒ 渋谷の店舗

のような形です。

 

取り扱いたい処方箋がある場合はエージェントに指定すれば探します。

 

派遣社員じゃなくても経験はつめる

 

私は過去、

「リウマチの処方箋を受けている調剤に行きたい」

というご要望を頂きました。

かなり大変でしたが、こちらもリウマチ専門医の処方箋を受けている薬局を探しました。

 

派遣会社で色々な職場を転々とすると、

職歴をその職場分としてカウントする人事の方もいます。

派遣という働き方を辞めた場合にかなり不利になります。

 

 

3.高時給の求人が多い

 

結論から言うと派遣の求人自体は少ないです。

1でお伝えしたとおり、緊急度が高いため時給が高くなっています。

 

そこが派遣の良さですが、人員が充足すると契約満了となります。

「来月からは来なくて大丈夫です」となります。

 

その際に、ご本人に近い条件の職場がすぐ見つかるかというと微妙です。

自分が派遣スタッフとして働いていた経験だと

どれだけ早くても仕事が見つかるまで2週間はかかります。

 

月中に契約満了して4月1日から新しい職場というのは

通勤時間などを気にしなければ可能です、

ほとんどの方はそこまでうまく見つかりません。

 

派遣の給料は日給の積み重ねです

 

派遣は働いた分の給料になるので、

仕事を探している期間の給料を派遣会社は支払ってはくれません。

お盆や年末年始の休みが長い程、収入は減ります。

 

ちなみに長期的に見ると、派遣ではなくパートでも社員でもいいので

一つの職場で勤めた方が給料自体は高くなります。

そういった意味でもメリットはあまりないです。

 

4.人間関係に悩まなくて良い

 

こちらは確かにその通りです。

「派遣だからいつでも辞められる」

という精神的な余裕は生まれます。

 

しかし、派遣を受け入れる職場は慢性的に人手が足りていないという所が多いです。

一概にすべての職場が当てはまる訳ではありませんが、

派遣先の職場自体の人間関係や労働条件が良くないということも考えられます。

 

 

派遣として向いている人とは

 

60歳を過ぎて、自主応募では選考に通りづらくなった方におすすめです。

基本的には短期間で契約が終了してしまうので、

派遣期間中に成果を出して直接雇用に切り替えてもらいましょう。

 

 

派遣会社を使うメリット

 

派遣会社を使うメリットは60才以上の方や、

次の仕事までのつなぎとして働きたい方です。

 

派遣という仕事は薬剤師以外の一般職でもあまりメリットはないです。

 

 

まとめ

 

派遣会社や広告サイトの書いていることを鵜呑みにすると

ご自身が損をする可能性があります。

 

個人的に派遣のメリットはあまりないと思います。

きちんと見極めていきましょう。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!