【必読】薬剤師の方が「辞めたい」と思ったときに読む話。

[最終更新日]2017/07/26


【必読】薬剤師の方が「辞めたい」と思ったときに読む話。

 

こんにちは!

アシスタントのななみです!

今回は薬剤師さんに限らず、働いている人なら1度は思ったことがある「仕事を辞めたい」と思った時にどうすればいいかを教えてもらいます。

こんにちは。

コンサルタントの近藤です。

 

好きなマンガはマスターキートンです。

また新しく始まってうれしいですね。

 

今回は仕事に行き詰っていたり、辞めたいと思っている方に読んで頂きたい内容です。

 


 

コンサルタント・近藤
大手の紹介会社から独立。
大手さんが言えない事や広告サイトではかけないことをずばり書いちゃいます。
詳細なプロフィールはこちら
アシスタント・ななみ
国家試験の予備校で近藤に就職相談をする。
薬剤師歴3年目で調剤勤務中。
転職歴はないが興味はあり。

 

薬剤師さんが辞めたいと思ったら

 

結論から書くと

「仕事はたくさんあります!」が辞めるのには慎重になりましょう。

 

状況によりますが、

体調や精神的な部分を崩されてしまうので

あればすぐにでも辞めるべきです。

 

体調などを壊してまで行う仕事はないと個人的には思っています。

一度お辞めになってゆっくり休まれてください。

 

辞めようか検討している方向け

 

今回は体調を崩すまで行かないけど、

「辞めたいな」

「転職したほうがいいかな」

と思っている方にむけて書きます。

 

同じ薬剤師さんでも女性と男性では変わってきます。

まずはそちらを説明します。

 

 

女性の場合

 

ご存知の通り、薬剤師さんは女性が7割近いです。

その為、出産や育児、旦那さんの転勤など転職には比較的寛大です。

 

パートで勤務される場合も、

調剤経験が10年・社数5社などでもあまり気にされません。

 

ご自身で気にされなくても大丈夫ですし、

状況が落ち着いて常勤になる際も問題ないです。

 

家庭と仕事のバランスによる

 

ご自身が生活と仕事、どちらを優先されるかを考えて

仕事のサイクルを組んでいかれれば大丈夫です。

 

産休で辞めるべきか悩んでいる方は

産休をする薬剤師さんが知っておかなきゃ損をすること

を読んで頂ければと思います。

 

 

男性の場合

 

女性と同じペースで転職をしていると、

転職できる場所が限られてきたり年収が頭打ちになったりします。

男性に対する要望は女性よりも高いです。

 

ご自身が将来的にどうなりたいかを

イメージされて慎重に転職されることをオススメします。

 

例えば、「将来はご自身で薬局を運営されたい方」と

「大きな会社で安定的に働かれたい方」だと全く違って参ります。

目的を持った転職というのをオススメしています。

 

転職を繰り返すのは注意です!

 

薬剤師の方は引く手あまたですが、

それでも転職を繰り返していると就職先が減っていきます。

 

つまり、目的がないのにも関わらず転職をすると、

転職するほどにいい求人に受かる可能性は減っていくということです。

 

より詳しくは

男性薬剤師さん向け!!しくじり先生に学ぶキャリアプラン。

を読んでみてください。

 

男性と女性の薬剤師さんではその後の再就職のしやすさが違うんですね。

そうですね。

ただし、キャリアをつまれたい方は女性も男性も同じです。

キャリアアップのための転職を心がけましょう。

 

なぜ仕事を辞めたいのか?

 

まずはご自身が仕事を辞めたい理由を記載してみましょう。

その理由を明確にしないと辞めたとしても

また同じ理由で辞めたくなってしまう可能性があります。

 

本当に辞めるのであれば、

そちらを解決するために転職をするべきです。

 

辞めたい理由を転職で解消しましょう

 

例えば「給与が低い」ということであれば、

「あといくらあれば良いのか。」

を計算してその金額を達成できる職場に転職することです。

 

逆に「人間関係の良い職場」ということであれば、

入社前にお試し勤務をするなどして

人間関係を確認されたほうが無難です。

 

 

どうすれば辞めたい理由を整理できるんですか?

辞めたい理由を書き出してみることや誰かに話してみることですね。

 

家族に聞いてもらうことでも、

ご自身が一番なにに悩まれて辞めたいのかがわかるはずです。

一番辛いことを伝えたいはずなので。

 

辞めたい理由トップ3

 

下記の3つが転職相談で頂くトップ3です。

併せて解決策も記載しておきます。

 

・人間関係が悪い ⇒ 異動させてもらうのもひとつ

・待遇・給与が悪い ⇒ 相談すればアップする可能性は大いにあり

・通勤時間がかかりすぎる ⇒ 家から近い店舗に異動させてもらうこともできる

 

大手さんに関しては異動や応援に関する悩みが多いです。

正社員だと辞めない限り解決することはほとんどありません。

 

話し合いで解決できる可能性も

 

話し合いをすれば辞めたい原因を解決できることもあります。

まずは話し合ってみましょう。

 

より詳しくはよく頂く薬剤師さんのお悩み【ベスト3】に書いております。

 

とりあえず転職したばかりの方は

余程の理由がない限りは辞めておいたほうが無難です。

(旦那さんの転勤や出産などは大丈夫です)

 

まずは辞めずに解決する方法を探してみるってことなんですね。

体調を崩してしまうのであれば辞めるべきですが、そうでないのであれば出来る限り続けることをおすすめします。

 

まずは話し合ってみましょう

 

辞めたい理由を整理して、人事の方と話し合ってみましたか?

お辞めになるのが非常に困る職場もあるはずです。

 

「君が辞めちゃうなら年収30万円アップするよ!」

「子育てしたいのなら労働時間は午前中だけでいいから来てよ!」

など双方が納得できるときもあります。

 

転職すると人間関係や仕事の仕方も変わります。

意外にエネルギーを使うものです。

 

実際に給与がアップしたり解決するものなんですか?

交渉の仕方次第ですが、アップしている方もいらっしゃいます。

 

エージェントの言葉には注意

 

私自身転職を何回もしていますが、

余程の人でない限りヘッドハンティングなんてことはありません。

 

エージェントは転職をしてもらうことにより売上があがるので、

転職を奨めるエージェントの方が多いので注意が必要です。

 

辞めたい気持ちも非常に良くわかりますが、

転職をすることもリスクだと知り、慎重に情報を集めましょう。

 

エージェントの人を信じてしまいやすいけど、鵜呑みにしてもいけないんですね。

やたらめったら転職をすすめる人は要注意ですね。

あと紹介会社自体が定着率低いので素人みたいな人がたくさんいます。

 

まとめ

 

女性か男性かで転職のしやすさは変わってきます。

今の状況を改善できることもあるので、

まずは辞めたい理由を話してみることをオススメします。

 

それでも難しいようであれば、エージェントに相談してみるのもありです。

 

キャリアを考えると辞めないほうがいいけど、辞めるのであれば慎重にってことですね。

繰り返しになって申し訳ないですが、体調を崩されるなら辞めましょう。

このサイトを読んでくださっている薬剤師さんの状況が良くなることを願っております!

質問などはお気軽にメッセージをください。では。


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!