えっ?本当?薬剤師さんの転職事情を視点を変えて解説してみた。

[最終更新日]2017/12/20


えっ?本当?薬剤師さんの転職事情を視点を変えて解説してみた。

 

こんにちは。

 

転職事情が知りたいならこのサイトの他のページも合わせて

見ていただくのがベストだと思っています。

それくらいの気概で書いているので活用して頂けるとうれしいです。

 

年代別の年収や転職などについては既に書いているので、

今回はそちら以外で転職事情について書きます。

 

3者の視点で転職事情を書いてみました

 

人事担当者、薬剤師さん、コンサルタント

それぞれの目線で転職事情について書いていきます。

 

目線を変えて転職事情を見てみると、

薬剤師さんにとってのメリット・デメリットもよくわかります。

 

 

人事担当者から見た転職事情

 

薬剤師が足りておらず困っている状況です。

小規模な薬局さん以外は基本的に高額な紹介料を払ってもいいので、

薬剤師さんの採用を行いたいと考えています。

(この場合の小規模というのは個人経営のような薬局です。)

 

ほぼエージェント経由で応募

 

9割近くの薬剤師さんが自主応募や求人サイトからの応募ではなく、

転職エージェントを使って採用活動をされています。

 

その為、人事担当者はエージェントを使っての

転職に対して特になにも思っていません。

それが当たり前になっているからです。

 

ミスマッチは人事担当者も防ぎたい

 

ただ転職エージェントがミスマッチをすることには困っています。

エージェントに費用を支払わなければ人材が集まらない。

 

しかし、エージェントが紹介してくれた人材は早期退職してしまい、

費用ばかりかさんでしまうという薬局さんも中にはあります。

こちらは個人というよりは、中規模の薬局に多いです。

 

個人の薬局さんもこのような経験をされた会社さんがあり、

エージェントが好きではない会社もあります。

 

あくまで一つの目安ですが

 

これはエージェント目線になりますが、

これだけ採用難といわれている薬剤師の転職市場で

採用費用を渋る会社は、入社後も昇給や賞与をイメージしている

ほど上げてくれない可能性が高いです。

 

 

転職する薬剤師さんから見た転職事情

 

とても転職がしやすく、また昇給もしやすくなっています。

他の職種と比較すると段違いに職場環境も良く、待遇もいいです。

 

転職される場合、場所などにもよりますが

30万円程度の年収アップは可能です。

 

そんな中

「いつまでこの状態が続くのだろう・・・?」

と不安に思われている方も中にはいらっしゃいます。

 

また

「薬剤師は転職するのが当たり前!」

という人材会社の広告が多いせいか、転職が当たり前の雰囲気があります。

 

転職をしない方も中にはいらっしゃいます

 

実際には全く転職をしない方もいらっしゃいます。

転職事情は全く関係なく、新卒時にベストなマッチングが出来た方です。

 

「新卒で入られた会社を定年まで勤めた。」

「新卒時の会社に子育てをされるまで勤められて、子育てが終わった後に再就職。」

など、厳密な数字はとっておりませんが3割程度の方がそうではないでしょうか。

 

転職を繰り返す方もいらっしゃいます

 

転職を頻繁に繰り返す方もいらっしゃり、

こちらの方はキャリアの途中で行き詰ることがほとんどです。

 

人材会社は売上のために教えてくれませんが、実際にある笑えない怖い話です。

「お仕事ありましたらお電話しますね!」

とエージェントから言われて、電話がかかってこないということはあります。

自己研さんを怠ったり転職を繰り返すと本当に笑えない事態となります。

 

 

転職エージェント目線での転職事情

 

薬剤師さんを集めるのが大変な時代です。

 

某大手紹介会社さんは、自社で集客した薬剤師さんを

小さい紹介会社さんに紹介することにより広告費をペイしています。

 

紹介会社が紹介会社へ紹介する

 

1人紹介することに1.5万円貰い、それを3社に一斉にお知らせします。

つまり大手紹介会社さんは4.5万円分、なにもせずに入ってくるわけです。

 

大手紹介会社さんは自社でも紹介して、広告費も回収できる。

凄いビジネスモデルですね。

 

お祝い金は誰しもが貰える可能性がある

 

逆に言えば、小さい紹介会社などに直接登録する際に

「登録料やお祝い金が欲しい」

と伝えると貰える可能性もあるということです。

 

お祝い金が貰えるエージェントはこういう部分が親切で

広告費などを抑えて薬剤師さんに登録してもらう代わりに

その広告費をお祝い金として差し上げているのだと思います。

 

薬剤師さんから言い出さずにもらえる為、親切な会社だともいえます。

 

エージェントによっては、人事担当者と接する営業担当と

薬剤師さんの相談にのるコンサルタントが違う場合があります。

 

大手さんだからベストとは限らない

 

大手さんはこの傾向が強く、

人を介す程に情報の精度が落ちてきてしまうリスクもあります。

 

また業界最大手の会社さんは面接同行などしてくれません。

面接後に「雰囲気どうでしたか?」と電話がかかってきます。

 

「大手だから」という理由だけですと、

転職のミスマッチが生まれてしまう可能性もあります。

気をつけましょう。

 

 

まとめ

 

転職事情を各担当の視点からまとめて見ましたが、

いかがだったでしょうか?

 

転職事情も視点を変えてみてみると、

薬剤師さんにとっても良い点悪い点が見えてくるときもあります。

 

せっかく転職するのであれば、

各担当者の事情を理解されて活動されるのも一つではないかと思います。

 

では!

 


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!