【驚愕】薬剤師さんの「パート」と「正社員」の違いってなんだ?


こんにちは!

寿五郎です!

 

さて今回は正社員とパートの違いを書いて行きます。

良く聞かれるパートと正社員の違いとはなんでしょうか。

 

 

正社員とパートの違いってなんだ?

 

正社員とパートの違いは大きく分けると2つです。

 

「給料」と「休みのとりやすさ」が違います。

それ以外での大きな差はほとんどないはずです。

 

ざっくりと説明すると、給料や昇給を優先して休まないようにするか、

家庭を優先して時給を貰いながら働くかです。

それぞれ説明していきます。

 

 

正社員とパートの給料の違い

 

正社員とパートの違いは、固定給か時給かの違いです。

また賞与がもらえるかもらえないかも変わってきます。

 

一般的にパートさんは賞与が寸志の所が多いです。

貰えない所も多く、パートさんは賞与を期待しない方が良いでしょう。

 

正社員の良いところは、お盆や正月休みがあっても給料は減りません。

パートさんは働いた分の時給が計算され月給になります。

 

その為、GWやお盆、正月休みが入ると給料が減ります。

休みの多さで給料が少なくなるのがパートだと思うとわかりやすいです。

 

正社員とパートでは昇給も違う

 

正社員の方の方が昇給がし易いです。

理由は役職がつく可能性があるからです。

マネージャーや部長などになると給料が大幅に上がる職場が多いです。

 

パートさんは時給が5年かかっても上がらない職場もあります。

逆に1年程度で100円上がる職場もあります。

昇給の加減は法人によると思っていた方がいいです。

 

パートで管理薬剤師は可能

 

管理薬剤師はパートさんでも可能です。

その場合、時給は上がる職場がほとんどです。

だいたい時給2500~3000円となります。

 

ただ基本的には職場の責任者なので正社員の方がほとんどです。

長期的に勤めて着実に昇給されたい方は正社員がオススメです。

 

パートさんは半年か1年更新のことがほとんどなので、

契約を更新しないということも会社の判断でできてしまいます。

更新時期にドキドキするのが嫌な方は正社員で入社しましょう。

 

 

残業と休みの違い

 

正社員の方は

「帰りたいから帰る」「休みたいから休む」

ということはご自身の一存では出来ず、周りの状況と相談して決まります。

 

仮にパートさんがお休みになりたい日などはパートさんが優先となります。

理由は正社員だからです。

責任感があるから給料も高く設定されているのが正社員です。

 

ブラックな職場は休めない

 

ブラックな職場でない限りパートさんは休みたいときに休めます。

基本的にシフトどおりに帰れます。

 

パートで休みづらい職場は基本ブラックなので、

余程メリットがない限りは辞めることをオススメします。

 

その為、家庭を優先されている方はパートで勤務されていることが多いです。

 

 

それ以外の正社員とパートの違い

 

主な違いは上記の給料と休みですが、それ以外も解説してみます。

職場によって若干の違いは出てきます。

 

 

異動・転勤・応援の有無

 

大手さんは基本的に正社員の方が応援や異動となります。

そのため、パートさんはほとんど異動しません。

 

逆に店舗数が少なかったり、

徒歩5分などで他の店舗がある会社さんですと、

パートさんにも応援をお願いされることがあります。

ただ強制ではないケースがほとんどです。

 

福利厚生の違い

 

法人とご自身の就業時間数によります。

時間数が正社員に近いパートさんは「正社員とほぼ同じ」という法人の方が多い気がします。

セミナー、勉強会もパート・正社員問わずに参加させてくれる法人は多いです。

 

 

責任感の違い

 

一般的にいう「責任感」というのは、

先に挙げた「休めるか」「休めないか」になってくるかと思います。

 

「どれだけ熱心に働いているか」はパート・正社員というよりは、

働いているその人それぞれになります。

 

パートさんでも

「休めない」「休みづらい」

と話される方もいらっしゃいますが、

そこは気にされずに休んでしまってもいいかと思います。

 

 

派遣との違いも書いてみる

 

時給で働くという点はパートさんに近いです。

 

パートさんは交通費を法人が支給しますが、

派遣さんは基本的には交通費は自分で支払う形となります。

 

一般的に派遣の方が時給が高いのはそういった理由もあります。

 

派遣の休み

 

休みやすさに関して言えば、パートさんより休み辛いのは間違いないです。

余程従業員が多い職場でない限り、派遣さんは休めないはずです。

急な欠勤などはよほどの理由がない限りは難しいかもしれません。

 

不安定さは一番高いでしょう。

時給が高いため、真っ先に契約が切れてしまいます。

だいたいが3か月契約になり、更新になるかどうかドキドキします。

 

安定して長く働きたい方は時給が魅力的かも知れませんが、

パートで勤務することをオススメします。

パートも期間契約ですが多くが1年契約です。

 

 

まとめ

 

薬剤師さんはパートから正社員になることも難しくないです。

 

うまく会社の制度を活用しながら時短勤務をしながら、

育児などの家庭も両立することも可能です。

うまくご自身の状況に合う働き方を探してみてください。

 

私も転職エージェントです。

お気軽にご相談ください!

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由