【必読】薬剤師さんが収入に悩んでいるときに読む話

                         

[最終更新日]2017/10/16


【必読】薬剤師さんが収入に悩んでいるときに読む話

 

こんにちは!

 

どうでもいいですが図書館が好きです。

休日になると図書館に行っています。

 

さて今回は収入に悩んでいる薬剤師さん向けに書きます。

 

年収について振り返ってみてください

 

まずはご自身の収入が他の薬剤師さんや

サラリーマンの平均と比べて低いのか高いのかを確認してみましょう。

 

「収入アップをするために転職しよう!」

と安易に転職を勧めるアフィリエイトサイトも多いですが、

キャリアは慎重に決めるべきです。

 

 

薬剤師さんの収入はこちら!

薬剤師の年収はこれで完璧!!【永久保存版】

 

一般企業の方の収入はこちら!

薬剤師の魅力を他の仕事と比べてみた!

 

 

薬剤師さんのものは地域差があるので

必ずしもご自身の方が上ではないかもしれません。

 

しかし、一般企業の方と比較すると多くの方は

ご自身の収入が多かったかと思います。

薬剤師さんの収入は一般に比べて多いのです。

 

 

なにが負担になっているのでしょう?

 

こちらは薬剤師さんに限らず、働いている人全てが関係していることです。

「なにが家計の負担になっているか」を分析してみましょう。

 

「家賃は収入の3分の1に抑える」

などテクニックはたくさんあると思います。

 

今回は薬剤師さんが勤務先から貰えるもので

解消できそうなものを上げていきます。

 

 

奨学金と家賃

 

こちらは何度か別のページに書いたので短くまとめます。

 

会社によっては、奨学金と家賃を代わりに払ってくれる会社があります。

直接貰えるわけではありませんが、収入が増えているのと実質的には同じです。

 

奨学金返済(毎月5万円)+家賃補助(毎月5万円)⇒合計10万円の収入アップ!

 

地域密着の薬局などは比較的行っていることが多いです。

「収入が少ないから転職しようかと考えている。

もしよければこういう補助ができないでしょうか?」

と交渉してみるのも一つです。

 

 

それ以外の手当て

 

地域密着の薬局がメインとなってしまいますが、例えば

「英会話の費用が毎月3万円かかっている」

「車通勤のガソリン代や高速代の費用が毎月5万円かかっている」

などは交渉すれば代わりに支払って頂ける場合が多いです。

 

こちらも先ほどと同じで

「収入をアップしたいから辞めようかと考えている」

という切り口で入れば問題ないです。

 

 

注意点

 

勤続している中での交渉は基本的に今までの働き方が大きく左右してきます。

「5万円多く払うなら辞めて貰ってもいいかな。」

と人事や社長に思われないように、

それを出す価値がある薬剤師だと認識してもらうようにしましょう。

 

 

それ以外で収入をアップする方法

 

こちらに詳しく書いてあります。

薬剤師が高収入を実現する3つの方法

 

収入を増やす方法はたくさんあります。

読んでみてください!

 

 

まとめ

 

ご自身で収入の交渉がしづらいようでしたら、

その職場を薦めてくれたり、転職を支援してくれた

エージェントに頼むのが一番早いです。

 

その前に収入アップをしたい事情を話して交渉してもらうのが早いです。

 

鈍いコンサルタントですと

本当に転職先を探してくる場合などもあるのでよく話しましょう。

 

私もエージェントですのでお気軽にご連絡ください。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!