薬剤師が薬局に就職するのは簡単!だからこそ・・・。

[最終更新日]2018/08/06


薬剤師が薬局に就職するのは簡単!だからこそ・・・。

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

あくまで私の経験上ですが、

新卒の薬剤師さんが就職後1年以内に転職する割合は一般職より高い気がします。

 

薬剤師とは言え転職を繰り返すとキャリアに良い影響はないことが多いです。

やはり一番初めに就職する先は重要です。

 

さて今回は就職や転職をされる薬剤師さんに向けて書いていきます。

 

 

調剤薬局に就職するのはすこぶる簡単

 

表題のとおり、

薬剤師さんが調剤薬局に就職するのは恐ろしく簡単です。

 

大きな声では言えませんが、

就職活動が解禁する前に内定が出ている人がいました。

(それが正解どうかはまた別の話です)

 

それくらい人事担当者としては

薬剤師さんの確保に必死になっているのです。

 

極端かも知れませんが、

私服で面接行っても受かる人は受かると思います。

ただそれをするメリットも特にはないですが。

 

就職活動は簡単だけど気を抜いてはいけない

 

就職や転職するのは簡単です。

ただそれでもやっぱり慎重に決めなくてはいけません。

 

理由は簡単。

薬剤師と言えど、キャリアはとても重要だからです。

 

 

なぜ薬剤師のキャリアは重要なの?

 

大きく分けて二つ理由があります。

その理由をそれぞれ書いていきましょう。

 

その1.職歴は重要

 

職歴は増やすことにメリットは少ないです。

 

いくら薬剤師が足りていないといわれても、

仕事を転々としている方は転職できなくなります。

 

インターネットでは

「転職しても問題ない」

と書いてあることが多いですが、

やはり転職を繰り返していると再就職できなくなります。

転職時に年収が下がる可能性も出てきます。

「やばい」と思った時に直そうと思っても手遅れになっているケースがほとんどです。

 

その2.キャリアアップしていくとお金が増える

 

一番の理想はひとつの職場に長く勤めることです。

(「いつか起業したい!」などの方は別です。)

 

長期で勤めるとその分昇給していきます。

地域密着の調剤薬局にお勤めの40代の方で

年収750万円近くになる方もいらっしゃいます。

 

また長く勤めている方の方が

短い方に比べて会社からの信頼も厚いです。

 

ご自身が社長さんだった場合、

「勤務歴1か月」と「勤務歴10年」の方でしたら

どちらの方に重要なお仕事を任せられるかと考えるとわかりやすいです。

 

責任ある仕事に就くと役職がつくこともあり、

役職手当などがもらえ給料が増えてることが大いにあり得ます。

 

 

就職するときに何を確認するべきか

 

私は「ブラック企業に入りたくない」というのを重視して仕事を選びます。

その為、その為にはどうするべきかをメインに書いていきます。

 

その1.毎年新卒を採用しているか?

 

判断材料として重要です。

「今年から新卒採用を始めました!」

という会社は新卒採用のノウハウがないことが多いです。

 

その為、入社しても「うちはOJTだから」と言われ、

研修などは特にないという場合もあります。

 

少なくとも毎年1人は採用している会社にしましょう。

毎年採用をしている会社はノウハウがあります。

 

また

「採用した方が離職されていないか。」

「その方とあって話を聞くことができないか。」

など確認しましょう。

 

その2.会社の規模

 

私が新卒であれば社員数15人以下のところには入りません。

地域によるので何とも言えませんが、

できれば50人くらいは従業員がいる会社にしましょう。

 

小さい会社だと社長の意向が強く出ます。

その社長が素晴らしい方でしたら問題ないですが、

逆の場合だとなかなか大変です。

 

その3.給与の部分

 

退職金の有無や賞与の部分もきちんと確認しましょう。

「お金より雰囲気が重要」と話される新卒の方は多いですが、

他の薬局に就職した方と年収が大きく違うとそれがストレスになったりします。

また転職した際にベースの年収が低いとあげるのが大変です。

 

その4.転勤の有無

 

「大丈夫だろう!」

と思って入ったけれど、いざ転勤を伝えらえると

転職を考える方は一定数いらっしゃいます。

 

転勤が出来ない方は大手は諦めて、

地域に根付いている薬局を探しましょう。

 

 

中途採用の求人を見るのも一つ

 

中途で募集を出している薬局に連絡をしてみると

意外に応募がOKな時もあります。

薬剤師は国家資格の為、国家試験に受かっていることが条件となります。

 

大手のナビサイトしか確認されないことが多いですが、

色々な求人を見るのも参考になります。

 

 

薬局の就職でよくある質問

 

調剤薬局に就職される方から良くいただく質問を書いていきましょう。

 

就職に年齢は関係ある?

 

薬局によりますが、新卒入社の場合に年齢は関係ありません。

30代の方が就職されることもあります。

 

ただあまりに年齢を重ねてから調剤を覚えるとなかなか大変だと聞きます。

薬の名前を覚えるのが大変だったり、調剤の時に目が見えないことがあるそうです。

 

就職に性別は関係ある?

 

基本的には就職に性別は関係ありません。

 

100件あると1件は

「男性のみ」「女性のみ」

という職場がありますが気にされなくていいでしょう。

 

ただ男性の方が出産・育児などでお休みになることが少ないため、

男性の方が応募された際に喜ばれます。

 

先ほども紹介しましたが、

長期でお勤めになると女性も年収700~800万など可能です。

 

 

高年収は実現できる?

 

就職時に僻地に行くというのもひとつです。

離島や僻地ですと、住まいは薬局が用意してくれて年収600万円などがあります。

 

高額年収という理由だけでドラッグを希望される方は、

調剤経験がつめるこういった求人の方が今後の為にはお勧めです。

 

ただ高額求人の職場は休日が少ないなどありますので、

よく求人内容を確認しましょう。

 

 

まとめ

 

薬局に就職を希望されている方向けに書いていきました。

高額年収を希望されている方など、気になる方はお気軽にご連絡ください。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!