落ちない為に!パート薬剤師が履歴書に書く志望動機とは?

[最終更新日]2017/11/08


落ちない為に!パート薬剤師が履歴書に書く志望動機とは?

 

こんにちは!

 

今日はパート薬剤師さんが履歴書に書く志望動機について書いていきます。

これから面接を受ける方は参考にしてみてください。

 

 

面接で志望動機は掘り下げられるの?

 

あくまで私の面接同行での経験上ですが、

履歴書に記載の志望動機を掘り下げられることは少ないです。

 

私自身がエージェントで、

面接前に転職されるご理由をお伝えしているからかもしれません。

 

志望動機は書いておいた方が無難

 

「聞かれないのであれば書かなくてもいいのでは?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

履歴書の志望動機は書くようにしましょう。

薬剤師は不足しているので

面接の時点で採用を検討していることがほとんどです。

 

それでも

「一般的な常識がない」

と思われてしまうと不採用になります。

履歴書の志望動機は書くようにしましょう。

また志望動機が会話をする要素になることもあります。

 

 

具体的に何を書けばいいの?

 

志望動機は思ったことをかけばいいですが、

「家から近いため」

「時給が高かったから」

など、ざっくばらんすぎる志望動機は止めておきましょう。

 

「家から近いから」

 

志望動機を考えるとすれば、例えばですが、

「実際にこの地域に住んでおり、この地域の医療に貢献したいと思いました。

また実際に利用させて頂いたこともあり、

その際に対応して頂いた方の接客がとても素晴らしかったので志望しました。」

という記載で良いでしょう。

 

「時給が高いから」

 

少し難しいですね。

こちらを前面に出すのではなくて、

その職場の特徴や力を入れていることを盛り込むといいでしょう。

 

例えばその法人が在宅に力を入れているのであれば、

「今後、薬剤師の業務において在宅はとても重要だと思います。

在宅への取り組みを積極的にされている御社を希望しました・」

というような形です。

 

「なんで在宅に力入れているとご存じなんですか?」

と聞かれることもあります。

 

ホームページなどを見て、

その職場に沿ったことを書くようにしましょう。

 

 

希望勤務時間などはどうすればいい?

 

エージェントを通しているのであれば、

基本的にはエージェントが人事担当者の方へ伝えているはずです。

 

履歴書に「希望条件」を書く欄があります。

そちらへ記載しておけば間違いないです。

 

口頭で伝えるのも一つ

 

勤務時間やお休みの取りやすさなど、

パートの薬剤師さんが気になることに関していえば

面接時に質問するようにしましょう。

 

自己応募の場合は、初めの問い合わせの時点で

メールとして質問することをお勧めします。

 

 

相手の気持ちになって答える

 

「自分が人事担当者だったらその志望動機を聞いてどう思うか」

と置き換えて考えてみましょう。

 

「家から近いから」「時給が高いから」という志望動機よりも

「理念に共有した」などの志望動機の方が一緒に働きたいと思うはずです。

 

 

まとめ

 

パート薬剤師さんが履歴書に書く志望動機について書いていきました。

参考にしてみてください。

 

では。


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!