聞いて納得!高齢の薬剤師さんが求人を探して就職する方法!


こんにちは!

寿五郎です!

 

「高齢」と聞くと何歳くらいなんでしょうか。

 

個人的には60歳~70歳くらいまでをイメージします。

そちらの年代の方を対象に記載していきます。

 

先にお伝えしておきますと申し訳ないですが、

70歳以上の方の再就職はほぼ無理です。

5年ほど前までは再就職できましたが今はエリアによりますがほぼ無理です。

今の職場で交渉されて継続勤務されることをお勧めします。

 

 

高齢の方でも就職はできる

 

女性だと72歳。

男性だと69歳の方の転職をお手伝いしたことがあります。

 

69歳の方の再就職した様子はこちらをご覧ください。

年齢も重要ですが、スキルや性格なども重視されます。

 

就職できる高齢の方の特徴

 

調剤経験が直近で5年は必要です。

出来れば10年はあった方がいいです。

また転職歴が多い方は難易度が上がります。

 

同様にブランクが勤務年数より多い方も厳しいです。

例えば「5年の調剤経験だがその後にブランク6年あり」のような形です。

 

ドラッグストアを狙うのもあり

 

60歳まで調剤経験がない方はドラッグストア一択です。

またOTCの経験がないとかなりハードルが上がります。

エリアによりますが再就職はかなり厳しいです。

 

ドラッグに関してはキャリアによりますが65歳くらいまでしか勤務はできません。

最近はドラッグストアに60歳以上の方が応募されるケースが増えており、充足していることもあります。

 

 

高齢の方OKの求人の探し方は2つ

 

高齢の薬剤師さんが求人を探す方法は2つです。

エージェントに探してもらうか、ご自身で探すかになります。

 

エージェントはうまく使う

 

大手さんに頼む方は多いですが真剣に探してはくれないでしょう。

理由は、他にも登録されている薬剤師さんが多いからです。

 

紹介会社は法人に人材を紹介し勤務して頂き、

初めて紹介料がもらえます。

 

仕事を探すのは若い薬剤師さんの方が簡単です。

その為、60歳以上の方のお仕事探しは後回しになります。

 

それらの理由から、私のように個人でやっている人間の方が

きちんと探してもらえる可能性は高いです。

個人でやっているような会社へ頼みましょう。

 

 

自力で探すのも一つ

 

自力で高齢でも応募可能な求人を探すのも一つです。

 

この場合、とても心強いのがハローワークです。

ハローワークは年齢の制限や定年が記載されています。

 

60代前半の方は65歳定年の法人に応募をおススメしますし、

それ以上の高齢の方は年齢不問の求人への応募をおススメします。

 

求人サイトは基本的には定年の記載がないため、

応募して落ちるということが非常に多いです。

年齢の記載がない分、無駄な応募が増える可能性があります。

 

 

狙い目は地域密着の調剤薬局

 

高齢でも応募可の職場で狙い目は地域密着の調剤薬局です。

個人で行っているような薬局を探しましょう。

 

ドラッグストアでも良いですが65歳前後になると、

契約更新をしてもらえない可能性が高いです。

 

就職先のことも想像してみる

 

就職先も高齢の方を雇用すると助成金がもらえます。

雇用保険に入っていることが条件となります。

 

60歳を過ぎると「働ければいい」

という感覚で雇用形態や雇用保険へ入らない方も多いですが

再就職するときのアピールになるのでしっかり入りましょう。

 

 

まとめ

 

社会的に高齢と言われる年代の方の仕事探しについて書きました。

 

私の方でもお仕事お探ししますのでお気軽に!

では。


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由