【必見】管理薬剤師向け!転職で失敗しないためにすること

                         

[最終更新日]2017/10/05


【必見】管理薬剤師向け!転職で失敗しないためにすること

 

こんにちは!

 

マスクをしている人が鼻を出していると

「それって意味あるの?」

と思います。

 

ネットで調べたら、

「鼻は出しても大丈夫派」と「鼻は隠した方が良い派」

で分かれていました。

 

知っている方がいたら教えてください!

 

 

管理薬剤師さんの転職について

 

今回は管理薬剤師さんが転職をする際に気をつけなければいけないことを書いて行きます。

一般薬剤師さんと同じ部分はなるべく割愛していきます。

 

またパートさんの管理薬剤師さんではなく、常勤の方向けに書いています。

予めご了承ください。

 

最後にはよくある質問も書いているので、

興味があれば読んでみてください。

 

それでは始めましょう!

 

 

まずは求人数を比較してみましょう

 

ハローワークで一般薬剤師と管理薬剤師の求人数を比較してみましょう。

 

一般薬剤師 8455件

管理薬剤師 283件

※2016年2月17日現在

 

管理薬剤師の求人は30分の1程度となっております。

 

一般薬剤師の中にも

「管理薬剤師希望の方は相談」

などもありますので、全てが一般薬剤師とも言えませんが

管理薬剤師の求人は少ないということがわかります。

つまり転職する際に希望する条件を満たすものは見つかりづらくなります。

 

 

一般の求人サイトは水増しをしている!?

 

こちらは余談です。

 

「ハローワークより一般の転職サイトの方が求人多くない?」

と思われるかも知れませんが、同じ求人を複数掲載していることがほとんどです。

 

A薬局の同じ求人がなぜか4件載っていたりします。

「非公開」だから出来てしまう悪い点でもあります。

気になる方は調べてみてください。

 

 

管理薬剤師さんの転職はより慎重に!

 

管理薬剤師さんは転職には慎重になりましょう。

主な点は下記の2つです。

 

1.求人数が少ない

2.高収入が期待できる

 

それぞれを説明します。

 

管理薬剤師は求人数が少ない

 

先ほどのハローワークの求人数を見ていただいたとおり、

一般の薬剤師さんに比べて管理薬剤師さんの求人は少ないです。

 

その為、

「辞めて違う薬局の管理薬剤師として転職しよう!」

と思われてもすぐには決まらないことがほとんどです。

 

転職期間は少しゆとりを

 

「とりあえず転職できればいい!」

であればいつでも可能ですが、

ほとんどの方が転職で譲れないポイントがあります。

 

給料の部分は交渉すればなんとかなりますが、

その会社の規模や勤務時間、職場の場所などは限界があります。

ご自身の満足度を高めるために、転職は少しゆとりを持って行いましょう。

 

管理薬剤師の求人に限定するのであれば、

3か月はかかると思った方がいいかも知れません。

近隣に職場が少ない場合、半年程度かかることもあります。

 

 

高収入が期待できる

 

管理薬剤師さんは転職で高収入が期待できます。

下記が2016年2月17日に募集している高年収の求人です。

 

秋田県男鹿市  調剤薬局 800,000円~1,000,000円

山形県村山市  調剤薬局 7,200,000円~9,600,000円

茨城県日立市  病院   5,000,000円~10,000,000円

福岡県北九州市 調剤薬局 4,320,000円~10,080,000円 

 

全国バラバラですよね。

比較的東北は好待遇の求人があるのですが、

それ以外ですとタイミングになります。

 

個人的には入社3~5年程度で管理薬剤師をすることをおすすめしています。

理由はそれにより年収アップが期待できるからです。

また転職後の年収も管理薬剤師経験があるのとないのでは変わってきます。

 

年収600万円は平均的な金額

 

年収600万円程度が管理薬剤師の平均的な年収になります。

これより多く貰いたい場合、求人が出るまで待たなくてはいけません。

ゆとりを持って転職活動をしましょう。

 

給料については詳細は下記に書いております。

管理薬剤師の給料はいくら位まで貰えるの?高収入への道

ご覧ください。

 

 

よくある質問集

 

管理薬剤師さんからよく頂く転職に関する質問を答えていきます。

質問がある方はお気軽にコメント頂けますか。

 

一般薬剤師だったけど、管理薬剤師に転職できますか?

 

管理薬剤師への転職は可能です。

さすがに新卒の方がすぐにというのは難しいかもしれませんが、

基本的にはどなたでも応募可能です。

ただ、求めるレベルが応募先によって異なるので都度確認となります。

 

「一般薬剤師をしながら半年後に管理薬剤師」

というようなケースもあり、

その場合初めの給料は低かったりします。

 

 

転職にはどれくらいの期間を見ておけばいい?

 

先ほど記載したとおり、管理薬剤師の求人は少ないです。

 

ご自身の中で妥協したくない部分が多いようでしたら、

期間にこだわらずにマッチする求人が出たら転職をするという方がいいです。

 

期間にこだわって無理に転職をするとミスマッチになってしまうこともあります。

 

企業の管理薬剤師に転職できますか?

 

企業の種類にもよりますが可能です。

ハードルが低いところですと、物流倉庫や原料を扱っているメーカーなどになります。

薬剤師免許があれば大丈夫というところが多いです。

 

大手の製薬会社になると、免許以外にも仕事面でのスキルも求められます。

 

 

転職サイトとエージェントどちらがいいですか?

 

恐らく転職エージェントに依頼した方が確実です。

転職サイトですと応募した求人がすでに充足している可能性があります。

そうなると希望とは違う店舗を勧められたりします。

 

そちらを断るのは手間がかかる為、

見つかりづらい管理薬剤師への転職はエージェントのほうがお勧めです。

 

転職エージェントに頼めばいい求人は見つかりますか?

 

優秀な転職エージェントを見つけることが出来れば可能です。

ただ多くの方が「大手だからここに頼もう」と決めていると思います。

 

大手さんと言えどコンサルタントのムラがあります。

相性が悪いようでしたら替えてもらいましょう。

 

 

転職エージェントはなんであんなにしつこいの?

 

エージェントは転職をしてもらうこと紹介料を法人からもらうためです。

ノルマがある会社も多く、ノルマを達成する為にしつこく営業してくる会社もあります。

管理薬剤師が出来る方は優秀な方が多いです。

そのため、さらに連絡が増えることがあります。

 

 

まとめ

 

管理薬剤師として転職する為には少し時間がかかります。

慎重に、かつ今より待遇が良い職場探しをしてみてください!

 

私もエージェントですのでお気軽にご相談ください!

では。


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!