知らないと損・・・。薬剤師が3年で転職する際の注意点

[最終更新日]2017/10/31


知らないと損・・・。薬剤師が3年で転職する際の注意点

 

こんにちは!

 

営利目的で転職を勧めるサイトは多いですが、

今回はあえて3年で転職する際の注意点を書いていきます。

 

 

3年目でも転職は余裕でできる

 

薬剤師は3年以内でも転職することが可能です。

 

製薬会社・企業以外であれば、

ほとんどの方が1社受けて1社受かるはずです。

そういう意味での心配は無用です。

 

ただし適切なキャリアや経験をつんでいかないと

年齢を重ねていく中でご自身が不安になることがあります。

 

 

3年以内に転職する方は多い

 

新卒入社で3年以内に転職する方は多いです。

 

弊社にご相談いただく薬剤師さんに聞きましたが、

大手さんですと6~7割くらいの方が

3年以内にお辞めになっているようです。

 

一般的な業種ですと、多くても離職率は3割程度です。

参考:厚生労働省・新規学卒者の離職状況

 

業種別に見ると「医療福祉」は

45,816人就業して3年以内の離職が19,912人。

 

約43.4%が退職しています。

他の業種より多いということがわかりますね。

 

薬剤師は3年以内に転職する方が多い

 

医療従事者の中でも

特に薬剤師は新卒で入社しての離職率が高いです。

 

新卒時の就活が比較的楽なため、

深く検討せずに就職される方が多く

ミスマッチになっていることが予想できます。

 

3年たって転職される方も少し意識をしていかないと、

転職回数だけ増えていってキャリアップできないということも起こりえます。

 

「今後どういうキャリアをつむべきか」

「30代ではどういう薬剤師になりたいのか」

など真剣に考えるタイミングでもあります。

 

 

男性が注意すべき点

 

「薬剤師は転職し放題」というキャッチコピーを

よく見受けますが嘘なので慎重になりましょう。

 

男性は転職を繰り返すと、転職しづらくなります。

転職を繰り返すと、早い方ですと40代前半で転職する先がなくなります。

 

また転職で昇給できる金額も限界があります。

場所・業種によりますが多くて年収700万円前後です。

 

キャリアプランを練ってみる

 

3年で転職されるのは悪いことではないですが、

今後どういったキャリアを積みたいのかをイメージしましょう。

 

「次の職場では管理職になる」

「次の職場を経験した後は独立する」

など長期的な視点をもつとよりよい転職になるはずです。

 

 

女性が注意すべき点

 

女性に関してはそこまで転職回数は重要視されません。

結婚・出産・旦那さんの転勤などライフイベントが多く、

受け入れる側も理解していることが多いです。

 

産休や育休をうまく活用されることをお勧めします。

もしかすると転職・退職するよりも、

職場の制度をうまく活用した方がいいかも知れません。

 

社会労務士さんが無料相談を行っていることも多いです。

ほとんどの市区町村で行っているので検索してみることをお勧めします。

 

 

まとめ

 

入社3年目で転職を検討されている方向けに書きました。

何かあればお気軽にご相談ください!

 

では。


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!