病院薬剤師の募集はここにあった!!探し方教えます!

[最終更新日]2017/12/09


病院薬剤師の募集はここにあった!!探し方教えます!

 

こんにちは!

 

今回はよく質問を頂く病院の募集についてです。

探し方や求人が少ない理由、募集時期などを書いていきたいと思います。

 

 

病院の募集はここにある

 

一番早いのは病院薬剤師会の募集を見ることです。

東京都病院薬剤師会のように、都道府県ごとに管理しているサイトもあります。

 

病院薬剤師会の募集以外では

 

地道に探すしかありません。

求人サイトなどにも少しですが載っているのでそちらを見るのも一つでしょう。

 

病院の人事担当者によっては

「病院薬剤師会のサイトで募集をかけられることを知らない」

という方も多いです。

 

意外な所で募集していることも

 

意外ですが病院へ連絡をすると

「薬剤師さんがいるなら採用したい」

という病院もあります。

 

こういう所はご自身で地道に連絡をして探すか、

私のようなエージェントに頼んで探してもらうかになります。

 

地道に探す方法とは

 

ご自身で電話をかけて募集状況を聞いていくしかありません。

エリアによりますが、私の経験上10件かければ1件は募集しています。

 

メールですと埋もれているのか確認していないのか、

返信が来る可能性は低いです。

 

病院にとっては看護師の採用の方が重要な為、

それほど力を入れていません。

 

その為、

「募集しているけれど求人誌や求人サイトには載せていない」

という病院は多いです。

 

要注意の病院も見つけましょう

 

エージェントをしていると、

定期的に募集している病院がわかってきます。

 

「規模の割にはいつも募集している」

という病院もあります。

こういう所は良い職場環境ではない可能性が高いので注意です。

 

病院で勤務されたい方は定期的に病院薬剤師会のサイトなどを見て、

募集状況を把握することをおススメします。

 

また看護師向けの情報サイトは多く情報が載っています。

病院の情報を収集するのに参考になります。

従業員数の中で看護師さんが大きな割合を占める為、

病院の雰囲気にも影響してきます。

 

 

募集時期は読めない

 

中途はどんな仕事も同じで退職者が出た際の欠員補充となります。

その為、募集時期は読めません。

 

新卒の募集時期は?

 

こちらは病院によって違います。

多いのは10月以降に募集する病院が多いです。

 

ただ採用計画がしっかりしていないので、

組織としてもしっかりしていない可能性があります。

 

国公立の病院などはきちんと募集時期を定めています。

個人的には国公立の病院がおススメです。

ただ国立病院機構はグループ採用となるので異動・転勤は覚悟しましょう。

 

 

病院の募集はなぜ少ないのか?

 

病院の薬剤師募集は少ないです。

理由は病院の数が調剤薬局より少ない為です。

 

病院は全国に約8500程度。

薬局は全国に約57000程度あります。

厚生労働省の2014年の調査

 

職場が7分の1しかないことがわかります。

それに伴い、募集も減るというのは仕方がないことです。

 

 

まとめ

 

病院の募集は少ないです。

そして管理体制がしっかりしていない職場が多いため、

「せっかく入ったのにブラックだった」

ということはあります。

 

転職する3か月くらい前からしっかり準備をすることをおススメします。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!