病院の方が休みが多い!?薬剤師が知っておくべきこと

[最終更新日]2017/11/08


病院の方が休みが多い!?薬剤師が知っておくべきこと

 

こんにちは!

 

今日は病院薬剤師のお休みについて書いていきます。

プライベートを充実したい方は病院もお勧めです。

 

 

病院は4週8休が多い

 

調剤やドラッグですと週休2日という言い方をしますが、

病院は4週8休ということが多いです。

理由は看護師さんが4週8休という言い方で定着しているからです。

 

ちなみに年間休日は105日前後の病院が多いです。

120日程度の病院はあまりありません。

 

看護師さんと薬剤師では休暇の取り方が違う病院も多いです。

見学や面接の際にいつが休みなのかしっかり確認しましょう。

 

完全週休2日もある

 

毎週土日祝日休みという病院もあります。

ドラッグや調剤薬局で見つけるのは難しいので、

近隣の病院でこういった所があればラッキーと言えます。

 

お盆や年末年始はどうなの?

 

4週8休ですと12か月×8=96日のお休みとなります。

祝日などが入らないため、少なくなります。

 

お盆や年末年始は交代制で取得するという病院も多いです。

そういった病院は年間休日が105日前後となります。

 

必要なものはすべてあらかじめ準備して休むという病院もあります。

こちらも見学などに行き質問すれば教えてもらえます。

 

救急を受け付けているのか

 

これは結構重要です。

救急を受け付けている病院は薬剤師も当直があることがあります。

そうなると土日祝日も問わずになってくることがあります。

 

土日祝日を休みたい方は見学などで救急を受け付けているのか。

また薬剤師は救急と関係があるのかをしっかりと確認しましょう。

 

 

プライベートが充実しやすいのは病院

 

「土日休みで18時には帰りたい」

という方は病院がお勧めです。

 

土日休みの調剤薬局は探すのが大変ですし、

ドラッグストアの正社員で土日休めることはほぼ不可能です。

 

理由は調剤薬局などは病院での診察を終えた患者さんが来るため、

病院が終わるのを待たなくてはいけませんが、

病院は終わったら帰れます。

 

また処方箋を外に出している病院が多く、

緊急を要する業務は調剤薬局より少ない病院もあります。

プライベートを充実されたい方は病院がお勧めです。

 

 

まとめ

 

病院のお休みについて書いていきました。

 

病院によって変わってくるので、

「ご自身が興味をお持ちの病院はどうなのか」

をしっかり確認されることをお勧めします。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!