残業が少ない職場はどこ!?薬剤師が転職前に知る方法

[最終更新日]2017/11/08


残業が少ない職場はどこ!?薬剤師が転職前に知る方法

 

こんにちは!

今日は転職する前に残業の有無を確認する方法を書いていきます。

 

ちなみに管理薬剤師のポジションは比較的残業が発生します。

調剤薬局であれば月10~30時間発生すると思っていた方が良いかも知れません。

 

 

転職前に残業時間を知る方法

 

転職前に知るには、残業時間を事前に聞くことです。

あたりまえのことですが意外に聞きづらいものです。

こういうときに紹介会社を通すのが一番楽ですね。

 

ほとんどの紹介会社が

匿名の状態で残業時間の確認をしてくれるはずです。

人事担当者も残業時間の嘘をつく可能性は低いです。

 

直接応募の注意点

 

ご自身で直接応募されるときは少し注意が必要です。

「面接に来てもらえればなんとかなる」

と思っている人事の方はいらっしゃいます。

 

事前に聞いていた情報や求人サイトなどに出ていた情報が

転職の面接で聞くと違うことがあります。

 

自分が紹介会社なので宣伝みたいになってしまいますが、

こういったリスクを避けるために

紹介会社は転職活動において有効だと思います。

 

残業時間や給料など希望条件がある方は紹介会社を使うことをお勧めします。

 

 

気になるようであれば一度見に行く

 

どうしても残業が気になるという方は、

近くに職場があるようでしたら見に行ってみるのも一つです。

 

たとえば求人サイトに

「月の残業時間10時間程度」

と記載があれば、1日30分程度の残業になります。

 

定時が18時の職場であれば、

19時まで残っていることは珍しいはずです。

 

どうしても気になるという方は転職する前に見に行ってみるのも一つです。

灯りがついていれば残業している可能性があります。

(防犯のために点灯しているところもあります)

 

電話をしてみるのも一つ

 

電話をかけてみるのもひとつです。

誰かが出れば残業している可能性があるということです。

ただし先方の業務に支障が出る可能性があるので自己責任でお願いいたします。

 

 

聞いていた残業時間と違った場合

 

本当に残業が嫌であれば、

転職をしたばかりかもしれませんがすぐに辞めましょう。

 

入社直後は試用期間となりますし、

すぐに退職する場合は職歴への記載が不要な場合が多いです。

不安な方はハローワークの担当者に確認してみましょう。

 

「改善されるのでは」

と思い勤務される方もいらっしゃいますが

残業などはすぐには改善されません。

 

予想できないこともある

 

ごくまれに入社時は残業がなくても、

入社後の1年~2年後に残業が増えることもあります。

(近隣の病院が盛況になる。在宅を始めるなど。)

 

これに関しては誰も予想ができないのでどうにもなりません。

もし店舗が複数あるようでしたら異動をお願いするのも一つです。

 

 

まとめ

 

転職する際の残業時間の確認方法について書いていきました。

確認する方法はあるので是非活用してみて下さい。

 

それでは!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!