最後の転職にした方が良い!?40代薬剤師の求人探しのコツ


こんにちは!

寿五郎です!

 

今日は40代で転職を考えている方向けに、

求人探しの注意とコツを書いていきます。

 

何歳まで勤務されたいかによりますが40代での求人探しは重要です。

40代でそれなりの経験をつまないと、60歳以上で勤務することは難しくなってきます。

 

 

40代はまだ求人が見つかる

 

40代の方は転職回数と経験によりますが、基本的に求人が見つかります。

エージェント経由でもハローワークでも求人誌でも大丈夫です。

 

これが50代、60代となってくると

今までは応募出来た法人もお断りされるようになってきます。

 

キャリアは関係なく

「うちは40代までしか採用しません」

とお断りになられます。

 

ごく稀に「40代は採用しません」という法人もありますが珍しいです。

気にしないようにしましょう。

 

40代でキャリアに行き詰る方はいる

 

中には40代でキャリアに行き詰る薬剤師さんもいらっしゃいます。

特に男性は注意が必要です。

 

転職を繰り返していて、

40代の男性で5回以上の転職をされている方は要注意です。

 

「うちに来ても転職するでしょ?」

と人事の方に思われて書類の時点で落ちるようになります。

注意をしましょう。

 

女性は出産・子育てで退職される方が多いため、

あまり気にされない職場が多いです。

とはいえ、転職しすぎには気を付けましょう。

 

ひとつの職場でそれなりに勤務しないと、

ご自身のスキルに不安を覚える方が多いです。

 

 

重要なキャリアの分かれ道

 

40代での求人探しは今後のキャリアで非常に重要です。

ドラッグストアで勤務されたい方は、定年以降も勤務できる職場を探されるべきです。

 

ドラッグストアは法人数が少ないため、OTCの薬剤師は充足していることがあります。

60歳を過ぎての再就職はかなり大変です。

 

いずれドラッグを辞めたいが60歳以降も勤務されたいという方は

なるべく早く調剤経験をつむべきです。

調剤併設のドラッグへ異動するか転職を検討するべきです。

未経験の年輩の方に調剤を教えてくれる職場は少ないです。

 

 

何歳まで働きたいか?

 

40代で求人を探す際に「何歳まで働きたいか」は重要です。

 

理由は40代後半の方が60歳定年の職場に転職をされると、

約10年しか勤務できません。

そちらも踏まえて求人を探すことは重要です。

 

65歳以降も勤務したいのであれば

 

65歳、70歳まで勤務されたいのであれば、

そちらを踏まえて求人を探すべきです。

ハローワークなどは求人票に定年が載っています。

 

また面接に行った際に

「現在勤務されている方でご年輩の方はおいくつですか?」

などの質問をされれば、いくつくらいまで勤務できるかがわかります。

 

大手さんは年齢制限があることが多い

 

傾向としては、大手さんの方が定年が早い傾向があり、

特に調剤などは50歳以下でないと応募できないケースが多いです。

理由は調剤経験がある方でも新しい職場だと対応できないからです。

 

個人的には中小規模で展開している調剤薬局がお勧めです。

また経営者が年輩の方ですと、

比較的年齢が高い方の受入にも積極的なことが多いです。

 

 

まとめ

 

30代までは「若い」というだけで面接になりましたが、

40代以降は今までのご経験が問われてきます。

 

何歳まで仕事をされたいのか。

どういうキャリアをつまれたいのかを考えて求人を探すようにしましょう。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由