【必読】新卒向け薬剤師求人の探し方!!本当にそれで大丈夫?


こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は新卒の求人の探し方をお伝えします。

よくある薬学部の学生さんの求人の探し方やお悩みについても書いていきます。

 

 

先に効果的な求人の探し方をお伝えします

 

ご自身で探されるか。

私のようなエージェントを使うかです。

 

大手調剤やドラッグストアで

「転勤や異動を繰り返しながらも出世を目指すぞ!」

という方は直接採用サイトから応募することをおススメします。

(離職率は高めということはお忘れないように)

 

 

一般的な新卒の求人の探し方

 

多くの学生さんが下記のいずれかで就職先や求人を探しています。

 

・学校の就職説明会

・マイナビ、リクナビ、めでぃしーんなどの就活サイト

・学校の就職課や教授に相談

 

私なら就職課に届いている求人票を見てみます。

多くの法人から届いているはずです。

 

この情報収集のデメット

 

多くの方が同じ悩みを抱えるのですが、

「どこも同じに聞こえる」

「違いがわからない」

というケースが起きます。

 

就活サイトには大手さんしか基本的には載らない

 

実は離職率が低く、給料も良い地域密着の調剤薬局などを

就活サイトから見つけるのは難しいです。

 

新卒向けの就活サイトは利用料金に月うん十万円かかります。

1名しか採らない地域密着の調剤薬局が

応募が確実にくるかわからない求人サイトに掲載するのは難しいからです。

 

 

自分に合う求人は探し方を変えてみる

 

「転勤がない」「地域密着」「年収が高い」

など新卒の求人サイトには載っていないです。

 

このような会社を見つけるにはご自身で探すか、

私のようなエージェントを使うことをおススメします。

 

自分の「やりたい事」きちんと整理出来ていますか?

 

新卒の方にご相談を頂いていて感じるのは

「ご自身のやりたいことをきちんと整理できていないことが多い」

ということです。

 

「年収が高いから」と入社される方は多いですが、

それだけで入社し続けていくのにもかなりの意志が必要です。

 

ぼんやりした志望動機は要注意!

 

「年収が高い方がいいから」

「なんとなく有名だから」

「人事の人がいい人だから」

など、漠然とした理由で決めていませんか?

人事の方はいい人かもしれませんが、入社して一緒に働くのはほぼ間違いなく別の方です。

 

「やりたい事」をベースに求人を探す

 

逆に

「在宅をやりたい」

「病院で働きたい」

「地元から離れたくない」

などの明確な意図がある方の方が就職のミスマッチは防げます。

 

ご自身がそちらをきちんと書きだして、

就職先に求めるものを整理していきましょう。

 

 

きちんと職場見学に行こう

 

学校内の説明会や本社での説明会などではわかりません。

基本的には良い部分しか見せてもらえません。

 

見学をさせてくれる店舗はモデルになるような店舗がほとんどです。

「広くてきれい!すごい!」

と思って入社したら、研修終了後に

「自分ともう一人の薬剤師さんしかいない小さい店舗に異動になった」

等、笑えない話はあります。

 

求人票と見学をした時の雰囲気が違くないか、

しっかり確認しましょう。

 

基本的に異動は発生する

 

求人には書いていないことがほとんどですが、

大手さんだと基本的に異動は発生します。

「どうしても転勤・異動はしたくない」

という方は地域限定社員やパート採用となります。

 

引っ越し代は初回のみの場合がほとんど

 

「引っ越し代を出してくれるから」

「家賃手当を出してくれるから大丈夫」

という方もいらっしゃいますが、頻繁には出してくれません。

 

例えば、初めは家から30分の店舗に配属。

それから3か月後に通勤時間70分の店舗に異動。

引っ越したいと思っても断られることがほとんどです。

 

大手さんですと頻繁に異動や応援がある為、

対応してもらうのは難しいです。

 

通勤時間には要注意

 

ほとんどの大手さんが電車で60~90分の範囲で異動があります。

電車に乗っている時間が60分以内なのか。

家から職場まで60分以内なのかでだいぶ変わります。

 

通勤時間は重視した方が良い

 

新卒の方はイメージしづらいかもしれませんが、

転職をする方は自宅からの通勤時間をとても気にされます。

それくらい通勤時間は負担になるということです。

 

 

文章を残しましょう

 

本来なら

「書面を取り交わして」

「メールで履歴を残して」

などのやり取りをしていくべきです。

 

「言った言わない」になると明らかに個人が不利です。

特に新卒で入社したばかりで揉めたい人なんていません。

名称は多少変わりますが「内定通知書」「条件提示書」などの書類を貰いましょう。

 

それでも不安なら

 

私のようなエージェントに頼みましょう。

多くの人事担当者の方と話をしているので、

いろいろなことを理解しています。

 

人事担当者もミスマッチが起きるのを嫌がり、

本音で話してくれたりもします。

 

 

まとめ

 

新卒で求人を探すのは簡単です。

ただご自身に合う、合わないがあるので慎重に探しましょう。

 

私もエージェントです。

お気軽にご相談ください!

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由