断言しよう!「通勤時間」は薬剤師として無駄な時間です!


こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は通勤時間についてと短縮する方法を書いていきます。

通勤時間が苦痛で転職される方は多いです。

勤務時間はかなり重要です。

 

 

通勤時間は無駄です

 

通勤時間は無駄だと思います。

それは薬剤師に限らずですが。

 

往復1時間ですと、1日2時間となります。

車通勤ならまだしも都心部の満員電車で2時間はかなりのストレスと疲労となります

 

特に新卒の方は定時に終わったとしても、

自宅に帰り勉強しなくてはいけない為、通勤時間の短縮は重要です。

 

大手さんはほぼ90分以内

 

大手の調剤薬局さん、ドラッグストアさんは

「片道90分以内の店舗に配属。配属先は選べず」

というケースがほとんどです。

 

また新卒入社ですぐに転居を伴う異動を求められることもあります。

それが嫌で退職される方はかなりいらっしゃいます。

 

会社さんによってはパートさんでも配属先は選べません。

地域によっては車通勤が不可な時点で応募不可ということもあります。

 

大手さんに限らずですが入社する際は

「片道何分くらいの店舗まで異動や応援の可能性があるのか?」

はしっかり確認しましょう。

 

「友人は近くで働いている」はあてにならない

 

たまに頂くのが

「友達は大手で働いているけど通勤時間15分くらいの店舗で勤務している。自分も近場になると思う」

というご相談です。

何十店舗もある法人であれば、恐らく運が良かったのだと思います。

 

稀に大手さんでも「そのエリアにはその店舗しかない」というケースもあります。

その場合は必然的にその店舗になります。

 

「友達が大丈夫だったから自分も大丈夫」

と期待するのはガッカリする可能性が高いので止めておいた方が無難です。

 

 

地域密着で働くのも一つ

 

通勤時間が気になる方は地域密着の会社で働くことをお勧めしています。

大手さんで片道90分だった所が1日30分程度になると1日2時間浮きます。

1時間残業しても家に着く時間は同じです。

 

また地域で展開している調剤薬局などは異動になったとしても、

そこまで大きく通勤時間が増えるケースは少ないです。

 

 

中小だとスキルアップが不安

 

「スキルアップ」や「教育」を気にする方は多いです。

大手さんの方が優れているのでは、と。

それはご自身の向上心に占める部分が大きいです。

 

多くの薬局は勉強会への参加を認めていますが利用しない方も多いです。

忙しくてそれどころではないと話される方もいらっしゃいます。

またそれを億劫がる方も多いです。

 

新卒時はマンツーマンで約3か月教育してくれる会社もあります。

そちらの教育を受けた新卒の薬剤師さんは

「大変でしたがかなり自信がつきましたよ!ある程度なら対応できる自信があります!」

とお話しされていました。

 

どうしても不安なら総合病院の門前へ

 

総合病院の門前に出店している調剤薬局にしましょう。

日本は良くできていてほとんどのエリアに総合病院があります。

どんな方も片道45~60分も行けば総合病院があるはずです。

 

そちらで勤務されると嫌でもスキルアップします。

薬の数も処方箋の枚数・科目も多くなります。

そちらで対応できるようになればスキルアップになります。

 

ただし大手さんが出店されているケースが多く、

条件面は譲歩しなくてはいけない可能性が高いです。

 

 

家から近すぎると・・・

 

「家から徒歩5分」などの薬局に勤めてしまった場合の短所ですが、

患者様とプライベートの時間に会ってしまいます。

スーパーで買い物中に、など結構あります。

 

それが嫌な方は自転車利用などで15分程度は離れている職場の方が、

プライベートでそういうシーンに遭遇しないので良いかと思います。

 

 

まとめ

 

通勤時間について書いていきまいた。

参考になれば幸いです。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由