巷にはびこる「薬剤師の転職先」のウソについて書いてみる。

[最終更新日]2018/05/19


巷にはびこる「薬剤師の転職先」のウソについて書いてみる。

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

私はなるべく公平な情報を発信していきたいと思っているのですが、

ネット上はいい加減な情報が多いですね。

理由はアフィエイトサイト(成果報酬型広告)が多いからです。

 

今日は薬剤師の転職先で調べると書いてある

適当な情報について検証していきます。

 

 

「薬剤師 転職先」で検索すると終わる

 

Googleなどで「薬剤師 転職先」で検索すると

アフィリエイト(成功報酬型広告)のサイトしか出てきません。

 

ご自身がそのサイトを通じて

紹介会社や求人サイトに問い合わせをすると、

サイトの運営者に費用が支払われます。

 

そのため、転職先についても適当に書いていることが多いです。

受け入れる枠が多い転職先を勧める傾向が強いです。

 

問い合わせをして貰えないとお金にならないので

問い合せをして貰いやすい文章になっていることがほとんどです。

 

 

ドラッグストアが必ずしもベストではない

 

「転職先としてドラッグストアはお勧めです」

多くのアフィリエイトサイトに書いてあります。

 

理由は簡単。

紹介会社がそういった要望を出しているからです。

 

ドラッグストアは基本的に

「OTC業務が好き」

「接客やマーケティングが好き」

という方以外にお勧めはしません。

 

理由はキャリアに行き詰ることが多いからです。

ドラッグストアは店舗は多いですが法人数は少ないです。

 

長期的に勤務されたいのであれば、

調剤経験をしっかりつみましょう。

 

ドラッグ経験が長く調剤未経験だと調剤薬局への転職は難しくなります。

そちらはしっかりと頭に入れておきましょう。

 

ちなみに「調剤併設だからドラッグへ」という方もいらっしゃいますが、

処方箋の枚数が少なかったり内容が軽すぎるとあまり経験はつめません。

 

「転職し放題」は大きな嘘

 

転職し放題はうそです。

特に男性は転職を繰り返しているとキャリアに行き詰ります。

実際に転職をしすぎてどこも受からなくなる薬剤師さんが過去にいらっしゃいました。

 

「薬剤師は人材不足だから辞めても問題なし」

と書いているサイトは多いですが嘘なので止めておきましょう。

 

ごくまれに職場で問題を起こしてお辞めになる方もいらっしゃいます。

薬剤師会などで噂になってしまい、

そちらと同じ都道府県内で勤務が難しくなることもあります。

当たり前ですがトラブルは避けましょう。

 

 

ご自身に合った転職先を探すこと

 

よくあるアフィリエイトサイトの内容を鵜呑みにするとご自身が損をします。

 

ご自身の要望を実現できる転職先を見つけることです。

要望が多すぎると見つからないこともあります。

ご自身の中で優先順位をつけて探すようにしましょう。

 

イマイチなエージェントも多い

 

薬剤師さんのことをお金としてしか見ていないエージェントも多いです。

 

エージェントの都合で転職先を提案し誘導する方もいます。

求人の提案だけを行い、面接に同行はしません。

効率と売り上げ重視の会社に多いので気を付けましょう。

 

どちらかというと上場していたり、

大手さんの方がこの傾向は強いです。

ただ中小でも感じのよくない担当者もいます。

 

 

まとめ

 

転職先はしっかり選ぶようにしましょう。

ネットの情報を信じすぎるのもマイナスです。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!