子育てしている薬剤師さん必見!パートでの働き方☆


 

こんにちは!

寿五郎です!

 

女性が多い薬剤師業界ではよく頂くお悩み。

子育てをしながらパートでのお仕事を探す方法や働き方についてです。

 

 

子育てをしながら働くには

 

結論から言うと、時短勤務もしくは決まった時間で働くことです。

かなり大変ですが探せばなんとかなります。

 

よく頂く質問なども書いております。

 

まだ職場をお辞めになっていない方は

飛ばして後半を読んで頂ければ幸いです。

 

 

コンサルタントに頼むほうが楽

 

パートでのお仕事を頑張って探すことが重要です!

 

子育てされている薬剤師さんは女性が多いので、

パートでの勤務を希望される時間が重なることが多いです。

 

その為、充足していることが多く意外に大変です。

 

頑張ってパートで働ける近場を

コンサルタントもしくはご自身でお探しになるかです。

 

恐らくなかなか見つからないので

コンサルタントに頼んだほうが楽だと思います。

 

場所や条件によりますが、

100件程度の職場をお調べして一致する求人は1~2件程度です。

 

 

子育てとパートの両立は当たり前

 

子育て中のまじめな方ですと

「パートで働くことにより

 周りの薬剤師さん等にも迷惑をかけるのではないか。」

と悩まれている方がいます。

 

気にしなくて大丈夫です!

 

女性が7割近くいらっしゃるため、どこの職場でも起こっています。

その為、他の業界に比べるとはるかに理解してくれます。

 

薬剤師さんは一般企業より子育てしやすい

 

余談ですが一般企業だと普通に文句を言ってくる人がいます。

驚きです。

 

薬剤師さんのパートと子育ての両立は一般的なものとなっています。

 

心配であれば子育て経験がある女性薬剤師さんがいる職場にしましょう。

子育てに理解を示してくれる方が多いです。

 

 

子育てされている方からよく頂くご相談

 

『子育てをしているので時短勤務にしてもらいたいです。』

『保育園にお迎えにいくので3時までしか働けません。』

『子どもの急病はどうすればいいですか?』

『託児所を完備している職場はないですか?』

というご相談を多く受けました。

 

20~40代くらいの女性の薬剤師さんの

約七割が子育てでのパートでの時短希望です。

 

これらの回答は下記に書いております。

読んでみてください。

 

 

9時~15時は人気の時間帯

 

この時間のパート勤務は人気が凄くあります。

 

地域によりますが、ベッドタウンですと

パートさんの人員が充足していることが多いです。

 

やはり子育てをされている方は

保育園や幼稚園に預けている時間帯に働きたい

と思われるため、この時間がとても人気です。

 

100件かけて1・2件の募集が目安

 

私の経験ですが、この時間帯は

100件かけて1~2件でパートさんを募集されています。

 

この場合、「時給が低い」「処方箋の科目が」

とおっしゃると勤務が難しくなってきます。

 

子育て中の方は時給や科目は妥協して頂いて、

勤務時間を重視されたほうが良いかと思います。

 

 

 勤務が夕方まで可能な場合

 

かなり職場の幅が広がります。

 

地域によるのですが、19時頃までの

パート勤務が可能な場合ほとんどの薬局が受け入れてくれます。

病院は募集状況によります。

 

その為、薬局での勤務を希望される場合は

子育て中の方も時給なども高めに貰えることが多いです。

 

例えば、今までパートでの時給が2000円だった場合、

2100円にしてもらうことなどは可能です。

そういった職場を探せばみつかります。

 

 

子どもが熱を出してしまったら・・・。

 

急なお休みについてもよく頂くご質問です。

 

ご自身で探される場合は

応募する前に電話やメールなどで人事の方に相談してみましょう。

 

面接して採用後に質問するのも良いですが、

先に確認しておいた方が安心です。

ただし人事担当者と現場の責任者が違うときは意見が分かれることもあります。

 

「特に忙しいわけではないけど万が一の為に人員を確保しておこう」

という薬局さんなどは急な欠員でも大丈夫とおっしゃることが多いです。

 

不採用にならないためにも先に伝える

 

逆に急なお休みを心配される人事の方はいらっしゃいます。

「面接したけど急なお休みが心配で不採用」なども過去にはありました。

 

この場合、ご自身も人事の方も時間がもったいないので

先に「子育て中です」と伝えてしまうことをオススメします。

 

エージェントを通している場合は

おそらくエージェントがご本人の了承を得て、

確認してくれるはずです。

 

 

出来れば今の職場を辞めないこと

 

まだ正社員で働いている方向けに書きます。

法律で時短勤務が出来ると決まっています。

こちらを使わせてもらいましょう。

 

「時短勤務なんて出来ないよ!」

と人事や責任者の方が話された場合は、

その方達は法律で決まっていることを知らない可能性が大きいです。

 

クビになることはほとんどない

 

日本の法律は労働者を守るように出来ていて、

言い方が悪いですが正社員の方を簡単にクビには出来ません。

 

せっかくなので使っていきましょう。

私はどちらにせよ辞めるのであれば使ってから辞めるタイプです。(笑)

 

余談ですが、大手の薬局さんですと

 

女性が何十人単位で毎年産休育休を取られていることもあります。

そして同じくらいの人数の方が子育てで時短勤務をされています。

 

一部の法人さんでは「子育ては当たり前」になってきています。

 

ご家庭の判断として、お子様が小学生になるまでは

子育てに専念するなどの方針があるかも知れませんので、

そういった場合はまた別とお考えください。

 

 

託児所や保育園について

 

少し前置きが長くなってしまいましたが、

そういった状況を踏まえて交渉してみましょう。

 

薬剤師さんの7割近くが女性なので

子育て中のお母さんに理解のある職場は多いです。

 

そういった会社もパートで働いて頂けることを望んでいます。

 

例えば

『子育て中なので、託児所や保育園代を

負担していただけるのであれば六時まで働けます』

などです。

 

交渉はコンサルタントに任せてしまう

 

交渉しづらい方は転職コンサルタントに頼んでみましょう。

そこはコンサルタントの腕になります。

多くの薬局がはじめての試みになるからです。

 

「子育て中なんですが、

 託児所や保育園の料金を一部負担とかできないでしょうか?」

と話すと、ご理解のある社長の方や人事の方ですと

比較的お話を聞いてくれます。

 

「これだけ女性の薬剤師さん増えてきたなら

 うちで託児所や保育園作っちゃうのもありだよね?」

と話されている社長の方もいらっしゃいました。

 

多くの薬局が子育て中のパートの薬剤師さんには

働きやすい環境を作ろうと努力されています。

 

自分の知っている人事の担当者様は比較的柔軟に受け入れて頂けました!

 

うまく交渉してくれるコンサルタントを探してみてください!

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由