女性薬剤師さんの転職を大特集!後悔する前に読んでほしい

[最終更新日]2017/11/25


女性薬剤師さんの転職を大特集!後悔する前に読んでほしい

 

こんにちは!

今日は女性薬剤師さんの転職についてです。

 

「せっかく転職したのにイマイチな職場だわ・・・。」

と後悔されないように書いていきます。

 

 

女性が7割の職種

 

ご存じ薬剤師という職種は約7割が女性です。

他の業種に比べて女性が活躍されている職場です。

 

平均年収も他の職種に比べると倍近くなります。

これを活かしていきましょう。

 

まずはキャリアを考えてみる

 

転職活動を始める際に、女性薬剤師としてご自身が

どういうキャリアをつみたいのかを考える必要があります。

 

大まかで恐縮ですが、正社員でバリバリと出世をしていくのか、

それともパートとして生活とのバランスを重視されるかで変わるからです。

 

一部の職場では正社員でも生活とのバランスをとることも可能です。

 

 

正社員の場合

 

まずは女性の正社員について書いていきます。

パートでの転職を考えている飛ばして頂ければ幸いです。

 

どういうキャリアをつみたいのか

 

キャリアプランを考える必要があります。

 

「独立して社長になりたい!」

「キャリアをつんで上場企業の部長になりたい!」

「社員であれば特になし」

 

人によりさまざまです。

ご自身がどういうキャリアをつみたいのかを考え、

そこから逆算し転職先を考える必要があります。

 

ワークライフバランスを重視するのか

 

ワークライフバランスを重視し、

家庭と仕事を両立されたい方に関しては中小の法人をお勧めします。

どうしても大手法人は異動や転勤が発生します。

結果的に女性でも退職する方が多いです。

 

地域密着の法人だと複数店舗があっても

「どこへ異動となっても車で30分以内」

など限られてきます。

 

 

パートさんの場合

 

「ママさん薬剤師が多い職場にしましょう」

と書いてあるサイトがありましたが、状況によります。

 

子育て中の方が多いと臨機応変に対応できなくなります。

近隣にお住まいの方が多いと、

学校や幼稚園のイベントで同じ日にお休みになる可能性があるからです。

 

ほとんど女性しかいない職場より、常勤やパートの男性薬剤師さんがいる方が

柔軟に休めることが多いです。

 

パートで働く理由を明確に

 

女性薬剤師さんも

「子育てをしながら」「子育てが終わったから」

など様々です。

パートとして働かれる理由を明確にしましょう。

 

そしてそれをコンサルタントに伝えて、

そこから外れないようにしましょう。

 

また大手の調剤薬局は特に忙しい傾向にあります。

理由は大きい病院の門前に出す傾向があるからです。

「忙しいのが好き」という方以外はお勧めしません。

 

ちなみに忙しいと短期間でスキルアップをするのでご自身の自信になります。

一概にデメリットとも言えません。

 

 

まとめ

 

女性薬剤師さんが転職される前に確認すべきことを書きました。

私もコンサルタントです。

 

お気軽にご相談ください!

では。


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!