変わるなら今!好条件で薬剤師が転職するたった一つの方法


こんにちは!

寿五郎です!

 

転職する人なら誰しもが興味を持つ好条件の求人。

今回は薬剤師さんが好条件で転職する方法を書いていきます。

 

 

薬剤師が好条件で転職するには

 

結論を書くとエージェントに頼むことです。

理由は「交渉しなければいけないことが多いから」です。

(私もエージェントなので宣伝のように聞こえるかもしれませんが事実です)

 

全てを満たすことは出来ないかもしれませんが、

少しずつ交渉していき好条件の求人に自分でしていくというイメージです。

 

エージェントは年間何十人の方の相談を受けています。

多いと何百人になるかと思います。

その中で人事担当者や社長とも交渉をしています。

 

委ねてしまうのが一番確実で楽でしょう。

ただし中にはいい加減なエージェントもいるので気を付けましょう。

 

ご自身で交渉をする場合

 

ご自身で好条件になるように交渉することも可能です。

その場合は内定受諾前に、人事担当者と細かい条件を詰めて

かつ書面として発行して貰う必要があります。

 

そこまでしないと入った後に

「言った。言ってない。」

になってしまうこともあります。

少し大変ですが、きちんと話し合って書類を作成しましょう。

こういったやり取りが苦手な方はエージェントを利用した方が早いです。

 

口約束はトラブルの元

 

意外に口約束で入社してトラブルことは多いです。

条件面を書面で貰えない職場は止めて置いた方が無難です。

 

特に好条件の待遇だと

「その条件では支払えない」

などと言われるケースが多いです。

 

「入社した後に給料を下げればいい」

と思っている職場は多くないですがあります。

 

エージェントでもここまでフォローしてくれない人もいます。

ご自身でチェックするようにしましょう。

もし発行してくれないようであればエージェントを急かしましょう。

本来であれば待遇面の書類のやり取りはしているはずです。

もし「無い」と言われたらそのエージェントは怪しいです。

 

 

「転職でなにを実現したいか」を整理すること

 

人によって好条件の内容は変わってきます。

「給料が良い」

「自分の時間で働ける」

「家から近い」

「福利厚生が充実している」

など、ご自身にとっての好条件は何か整理するようにしましょう。

 

人事担当者へしっかりと伝えること

 

好条件の求人に応募し転職する為には、

ご自身が何を実現されたいのかをしっかりと伝えることです。

 

エージェントに頼む場合は、

条件をしっかり伝えてそれに沿う求人を探してもらうことです。

 

ご自身でされる場合は条件を整理し、

軸がぶれないように探すことです。

 

転職が失敗してしまうケース

 

長時間労働が嫌になり、転職を考えている方が

年収にひかれて違う。長時間労働の職場に転職。

そして短期で辞めるということは実際にあります。

 

好条件の職場ほど慎重になりましょう。

転職を繰り返すと行き詰る可能性が高くなっていきます。

 

ご自身が転職に求める条件をしっかりと伝えるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

条件を整理し、そちらに合う条件の求人を探す。

そして交渉していけば実現することが出来ます。

 

私もエージェントです。

お気軽にご相談ください。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由