企業薬剤師という選択肢。転職する前に知っておくべきこと!

[最終更新日]2018/08/20


企業薬剤師という選択肢。転職する前に知っておくべきこと!

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は企業の薬剤師への転職について書いていきます。

 

多くの方が製薬会社でのイメージを持たれると思いますが、

製薬会社以外にも多くの企業で薬剤師は転職できます。

 

先に注意点を書いておくと、企業で一度働くとスキル面から

再就職や転職はかなり難しくなります。

 

 

企業で働くことは可能

 

大手の製薬会社は新卒時を逃すと、

中途入社は経験者以外はかなり難しいです。

しかし、それ以外の企業ですと中途から入ることも可能です。

 

薬剤師の資格は必須ではないけれど、

薬剤師の方は優遇されるという仕事はあります。

 

 

薬事申請

厚生労働省や医薬品医療機器総合機構(PMDA)及び

認証機関への薬事申請及び海外申請の対応業務となります。

医療機器の開発をされている企業で募集していることが多いです。

 

「英語も使えて薬事に詳しい」

というハイスペックな人材を求めていることがほとんどです。

 

その為、年収も高いです。

外資系の企業でも募集していることが多いです。

 

医薬翻訳

医薬品・医療機器などの承認申請関連を中心とした医薬翻訳・医学翻訳や

医療関連の翻訳がメインの仕事となります。

 

海外の論文の翻訳なども行います。

英語や外国語が好きな方にはおススメの仕事です。

 

医療機器の輸入や販売

読んで字の如くです。医療機器の輸入や販売を行います。

主に医療機関のドクターを対象に営業を行います。

 

医薬品を扱う倉庫

大手ドラッグストア向けの物流サービスを行っている会社もあります。

そういった企業の倉庫には管理薬剤師が必要となります。

倉庫での管理薬剤師となります。

 

家電メーカーの製品の品質管理

空気清浄機などの、実験や検査が必要な家電の開発に携わる業務です。

大手家電メーカーで募集していることもあります。

 

治験コーディネーター

新薬開発の為の試験を行いながら、データを集めていくことです。

治験については武田薬品さんのサイトを載せておきます。

 

MR

ほとんどの方がご存じだと思いますが、

ドクターに薬の営業を行うことです。

 

m3さんがMR君というサービスを開発しております。

長期的に見ていくとMRは減っていくと言われています。

 

 

企業で働く注意点

 

ざっとですが、薬剤師が企業で就ける仕事を書いていきました。

注意点としては、転職が出来ない可能性が高い点です。

 

上場しているような大手企業は年収が高いことが多いです。

また出世や長期勤務をしていくと収入も増えていきます。

 

40代のMRの方から

「仕事が激務で疲れたので調剤薬局やドラッグストアに転職したい」

というご相談を頂くことがあります。

 

40代のMRの方は年収1000万円近く貰っていることがほとんどです。

そして、それを未経験の調剤やドラッグへの転職で実現することは不可能です。

 

その為、転職が出来ずに悩まれる方も多いです。

企業に入るとそういったリスクが発生する可能性もあります。

気を付けましょう。

 

 

まとめ

 

私も企業の求人をお探しすることが可能です。

企業への転職に悩まれている方はお気軽にご連絡ください!

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!