誰も教えてくれない情報・テクニック

今だからこそ!正社員で働く薬剤師のメリットを解説

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日は正社員で勤務するメリットを書いていきます。

 

正社員のメリットを先に書くと、

キャリアを積むことができそれにより昇給していきます。

また職を失いづらい(解雇になりづらい)という事があげられます。

それぞれを解説していきます。

 

 

正社員はキャリアアップが可能

 

正社員ですとキャリアアップをすることが可能です。

一見、重要ではなさそうですがかなり重要です。

 

理由はキャリアアップ、スキルアップをすることにより給料が増えていくからです。

派遣社員は基本的に年次の昇給や賞与はありませんしパートさんも限界があります。

 

キャリアは年収にも影響がある

 

例えば、管理薬剤師の経験があるかどうかで

転職するときに年収アップできるかどうかが大きく変わります。

 

同様にマネージャー経験などがない方は、

マネージャー候補などの求人に応募しても採用になる確率は低いです。

ご自身のキャリアをしっかりと計画してステップアップしていきましょう。

 

 

正社員は給料が高い

 

パートさんの方が良さそうに見えますが正社員の方が給料が高いです。

 

例えばパートで時給2000円で1日8時間・週5日勤務した場合、

おおよそ年収400万円です。

 

600万円を目指すには時給3000円近くにならなくてはいけませんが、

そこまでの時給の求人はなかなか見つからないうえ、週40時間勤務させてもらえる可能性は低いです。

パートで年収600万はなかなか難しいです。

 

先ほどと重複してしまいますが、

年収600万円以上を狙うには正社員でのキャリアアップが一番早いです。

 

 

正社員は解雇になりづらい

 

正社員の最大のメリットではないでしょうか。

事件や事故などを起こさない限り解雇になる可能性は極めて低いです。

 

パート、契約社員、派遣社員は契約を打ち切られることがあります。

高額年収を貰っていたとしても契約を打ち切られるとそこで終了です。

また年齢や職歴・スキルによっては再就職が不可能となります。

 

有期雇用は覚悟をもって

 

「派遣や契約社員に比べると正社員は給料が安い」

と話される方もいらっしゃいます。

 

どちらが良いかは個々の判断となりますが、

再就職が出来なくなっても嘆かないようにしましょう。

薬剤師であれば就職・転職できる時代は終わりつつあります。

 

「妊娠しました」と報告をされるタイミングでもしかしたら契約満了になる可能性もあります。

それは法令的には問題ないのでどうしようも出来ません。

 

弊社は一つの法人にお勤めになって、

キャリアを着実に積まれることをお勧めしています。

 

 

まとめ

 

正社員のメリットを書いていきました。

個人的には正社員で地道にキャリア・スキルアップを

されている方が一番強いと思います。

 

高額年収にひかれて派遣・契約社員を希望される方は

それなりの覚悟をされることをお勧めします。

 

弊社も転職エージェントです。

何かあればお気軽に。

 

では!