衝撃的!!パート薬剤師の年収はかなり凄かった・・・。

[最終更新日]2018/08/04


衝撃的!!パート薬剤師の年収はかなり凄かった・・・。

 

こんにちは!

今日はパートの薬剤師さんの年収について教えてもらいます。

こんにちは!

寿五郎の近藤です!

 

さて今回は時給で働くパートの薬剤師さん向け。

 

パートさんでフルに働いた場合に

年収でどれくらい稼げるのかを書きます。


コンサルタント・近藤
大手の紹介会社から独立。
大手さんが言えない事や広告サイトではかけないことをずばり書いちゃいます。
詳細なプロフィールはこちら
アシスタント・ななみ
国家試験の予備校で近藤に就職相談をする。
薬剤師歴3年目で調剤勤務中。
転職歴はないが興味はあり。

 

 

パート薬剤師さんでMAXどれくらい稼げるの?

 

時給は都内を基準とします。

恐らくそれ以外の地域ですと、これより高くなるはずです。

 

時給2000円 × 1日8時間 = 日給1.6万円

日給1.6万円 × 月22日勤務 = 月給35.2万円

月給35.2万円 × 12ヶ月 = 年収422.2万円

 

パートさんも年収422.2万円も稼げます!

上場企業の大手調剤薬局さんの平均年収と同じくらいです。

 

ちなみに時給2500円だとすると年収528万円です。

(ウエルシアさんですと時給2600円前後となります。)

かなりの高額年収となります。

 

勤務日数は重要です

 

注意点としては、22日勤務ですと年間休日が100日程度になります。

通常年間休日は120日くらいなので、

20日分くらい少なく見積もって置いたほうが良いです。

 

そのため、年収380~400万円くらいが現実的な数字です。

こうやって考えると、フルタイムで勤務できるのであれば

正社員の方が年収はよくなりそうです。

 

ちなみに派遣も同じように計算されることをお勧めします。

派遣の想定月収は1か月22日で計算されていることがほとんどです。

 

確かに言われてみれば勤務日数が違いますね・・・。

パートさんは「勤務時間=給料」となってくるのでご自身の勤務時間から計算することをお勧めします。

少なめに見積もって計算してちょうど良いかも知れません。

 

 

もっとパート収入を増やしたい場合

 

シンプルに働く時間を増やします。

パートさんの収入は勤務時間×時給の為です。

 

時給2000円 × 1日10時間 = 日給2万円

日給2万円 × 月25日勤務 = 月給50万円

月給50万円 × 12ヶ月 = 年収600万円

 

週1日休みでお正月やお盆も休まれて年収600万円です。

基本的にパートなのでご自身の予定に合わせて休むことは可能です。

 

ただこれだけ働いて年収600万円だと、

やはり正社員になって賞与を貰った方が高くなるはずです。

 

もしかすると、日中は正社員で勤務され、

夕方以降にパートでドラッグストアなどで勤務されるのが一番効率が良いかも知れません。

 

 

全国どこでもOKな方は

 

エリアを問わない方であれば、時給4000円などの求人もあります。

その場合は単純に先ほどの年収の2倍になるので年収1200万円です。

 

ただ調剤薬局になるので勤務時間が減り、

年収800~1000万円前後になります。

 

そんなに給料を支払ってもらえるものですか?

実際には難しいケースが多いです。

その為、契約期間が決まっていることがあります。

そのあたりは入社前にしっかりと確認し、書面でやり取りをするようにしましょう。

 

パート勤務のメリット

 

・店舗異動が基本的にはない。

・休みたい時には休める。

・時短勤務可能。

 

女性や子育てをされている方でパート勤務を希望される方は多いです。

その為、入社前にパートの女性がどれくらいいるかは確認しましょう。

学区などが被ると運動会などの行事もかぶり休みづらくなります。

 

パートの一番大きいメリットはやはり

店舗異動や通勤時間を気にしなくていいというところだと思います。

 

大手さんですと

「公共交通機関で90分以内であれば配属先は選べない」

という所は多いです。

通勤時間が30分と90分であれば、往復2時間の差が出ます。

 

ご自身の自由な時間が1日2時間減るということです。

「それであればパートでいいや」という方も多いです。

 

休みやすいかどうかはしっかり確認

 

またパートさんは

「正社員さんが忙しい時間にフォローしてもらう」

という位置付けの会社が多い為、

急なお休みなども取りやすい会社が多いです。

 

こちらは職場によってきますので、

入社時に確認するようにしましょう。

 

勤薬剤師の人数と処方箋枚数を確認することもおすすめします。

 

「パートさんだけど責任感はしっかり持ってもらう」

という職場も中にはあります。

そういうところですとパートのメリットはあまりないかも知れません。

 

 

パート勤務のデメリット

 

・昇給があまりない。

・賞与(ボーナス)も基本的にはない

 

こちらはある程度勤続して、

常勤雇用への交渉をしてみるというのもひとつの手です。

 

もしくは長く勤めてそれなりの成果を出された場合、

率直にパートの時給アップを交渉してみましょう。

 

賞与を支給してくれる会社も中にはあり、年収アップにつながります。

ただ基本的には賞与はないです。

期待して貰えないとがっかりします。

 

通勤時間やお休みが取りやすい代わりに給料は低くなるということですね。

わかりやすく言うとそうなります。

パートさんはお休みを取りやすい分、その穴埋めを正社員の方が頑張ってされます。

その為、正社員の方の年収が高くなる。賞与が貰える、と考えるとわかりやすいかも知れません。

 

こういう方にパートはオススメ!

 

・店舗の異動や応援に疲れた

・通勤時間を短くしたい

・正社員のように出勤を強要されたくない

 

過去に年収450万円の薬剤師さんが

フルタイムのパートさんに転職されました。

 

理由は結婚をされたばかりで

「店舗間の異動をしたくなかった」

「今の職場の残業が多かった」

からです。

 

パートでも年収が上がる可能性も

 

結果的には年収が増える見込みとなったため、

常勤をやめてパートのフルタイムに転職されました。

 

希望の年収や年齢にもよりますが、

30代前後の女性がパートでフルタイム勤務されるのはおすすめです。

 

常勤では通勤時間が長くなりがちですが、

パートではその心配もなく年収も常勤より多くなる方もいらっしゃいます。

パートさんでも年収がアップすることはあるんですね。

絶対ではないですが、上がる可能性もあります。

そのあたりは条件面を良く計算することをお勧めします。

 

番外編:産休や育児休暇はどうなる?

 

産休などが気になるかと思いますが、

週5日のフルタイム勤務ですと社会保険に加入しなくてはいけません。

 

その為、パートさんも産休中などの賃金の支給もあります。

 

こちらは通常法人ではなく、

健康保険の協会や組合が支払ってくれるはずです。

※勤続年数などの支払い要件があるので注意してください。

 

無料相談で相談するのも一つです

 

もし産休・育休が気になるようでしたら、

役所が社会保険労務士に無料相談できる窓口を設けていたりします。

 

もしくはご自身が入られている健康保険の組合に

電話されることが確実です。

 

へぇー。知りませんでした。

制度が整っているんですね。

知らないことは多いですが、意外に整備されていることは多いです。

気になったら役所や専門家に相談することをお勧めしています。

 

 

まとめ

 

パートでの勤務は店舗の異動や応援が嫌な方や

通勤時間の短縮を希望されている方にはオススメです。

 

パートでも常勤の方より年収を稼げることも多いです。

 

会社によっては準社員のような扱いにして頂ける場合もあります。

その場合は、月収制や年収制になります。

 

ご質問などありましたら

寿五郎までお気軽にご連絡ください!

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!