ズバリ!薬剤師の正社員は他の雇用形態とここが違う!

[最終更新日]2018/08/20


ズバリ!薬剤師の正社員は他の雇用形態とここが違う!

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は派遣社員やパート・アルバイト等と比べて、

正社員で働くメリット・デメリットなどを書いていきます。

 

 

正社員のメリット

 

まずは正社員のメリットを書いていきましょう。

 

正社員は賞与が出る

 

パートや契約社員でも賞与は貰えることがありますが、

正社員の方が金額が多くなることがほとんどです。

 

賞与は会社の業績に伴う給料の為、

その業績に貢献した方から多く分配されることがほとんどだからです。

 

派遣社員は基本的には賞与は貰えません。

「派遣になると毎月40万円ももらえる!」と思いきや、

月給32万円の正社員の方のほうがトータルの年収が高いことはあります。

 

正社員は昇給がある

 

派遣社員の昇給は同じ職場に長期勤務しても、

ほぼないと思った方がいいでしょう。

パートや契約社員も昇給はありますが限界があります。

 

正社員は年次の昇給率が決まっており、

それにそって増えていきます。

 

昇給が大きい職場も

 

ある調剤薬局の給料の算定表を見せて頂いたことがありますが、

新卒で入り長期勤続をされると、50代で年収1000万円となっていました。

 

転職で実現する年収は700~800万円程度が限界です。

それ以上を目指す方は正社員で長期勤続をされることをおススメします。

キャリアアップをしていけば調剤薬局でも高額年収は可能です。

 

 

正社員のデメリット

 

続いて正社員のデメリットを書いていきます。

 

残業が発生する

 

職場の雰囲気や理解度によりますが、

基本的にパートさんや派遣さんは残業をしないで帰宅することが出来ます。

 

しかし、正社員はパートさんや派遣さんより責任を持たなければいけない為、

突発的な残業などにも対応しなければいけません。

パートさんが多い職場ですと特に正社員の方が対応する時間は増えていきます。

 

忙しい職場に入ってしまうと残業ばかりになってしまう可能性もあります。

その無理をして頂く分、パートさんや派遣さんに比べて年間の給料が高くなるということです。

 

転勤・異動がある

 

店舗展開している薬局やドラッグストアですと、

異動や転勤が発生します。

 

「A店でフルタイムのパートさんが辞めた。人が足りないから異動してもらわなくては。」と言った感じです。

 

店舗数が増えるほどに異動の頻度も高くなるため、

大手さんの方が異動や転勤は多い傾向にあります。

 

 

他の雇用形態と正社員で同じこと

 

勤務時間や出勤日数により日数は変わってきますが、

有給休暇はどんな雇用形態でも付与されます。

 

有給休暇は労働基準法で決まっています。

ごく稀に「有給が付与されない」という会社がありますがそれは違法です。

最寄りの労働局へ相談しましょう。

 

遠距離や自動車通勤などによって金額は変わってきますが、

派遣社員以外は通勤手当も基本的には支給されます。

 

 

まとめ

 

長期的に働く予定の方は正社員でお仕事をされることをおススメします。

異動や転勤がない職場も探せばあります。

 

私もエージェントです。

もしなにかあればお気軽にご相談ください!

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!