みんな同じです!病院薬剤師が仕事を辞めたい理由はこれ!

[最終更新日]2018/07/26


みんな同じです!病院薬剤師が仕事を辞めたい理由はこれ!

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は病院薬剤師さんが仕事を辞めたいと思う理由を書いていきます。

主に3つになります。

 

病院を辞めたい理由は下記のとおり

 

1.人間関係が辛い

2.仕事内容が思い描いていたのと違う

3.給料が安い

 

病院で辞めたいと思う理由はこちらになります。

 

女性の薬剤師さんですとこれ意外に

「子育てのため」「旦那さんの転勤や異動のため」

というのが挙げられます。

厳密には辞めざるえない理由になりますが。

 

病院の薬剤師は他の業種と少し違います

 

特に「人間関係」と「仕事内容が思い描いていたのと違う」は

病院の薬剤師さんの方が辞めたい理由として挙げられることが多いです。

他の業種の薬剤師さんよりも多い気がします。

 

理由はドラッグストアや調剤薬局に比べて、

医療に貢献したいと思う気持ちが強い方が多い為、

責任感などもあり人間関係や仕事に悩まれるのだと思います。

 

今回は「病院を辞めたい理由」とそちらの解決方法をご説明してきます。

 

 

1.人間関係が辛くて病院を辞めたい

 

こちらは薬剤師さんに限らず、社会人に多く見受けられます。

上司のパワハラなどに悩まれている方は下記もあわせてご覧ください。

さらばパワハラ!!薬剤師さんが職場でするべき対処策

 

職場全体のコミュニケーションがうまくいっていない職場では

人間関係がおかしくなりやすい傾向があります。

 

職場が抱えている問題かも

 

当事者間の問題だけではなく、

その職場全体が問題を抱えているケースが多いです。

 

その為、例えば人間関係が原因でご自身がお悩みになって退職されても、

また違う方が「辞めたい」と言い出すことがほとんどです。

 特に少人数の職場は上司が意識を変えないと少し難しいです。

 

体調不良になる前に辞めましょう

 

人間関係が元になって身体を壊してしまう方もいらっしゃいます。

身体を壊してしまうと治すのが大変です。

 

悩んでいて体調を崩してしまうようでしたら病院を辞めてしまいましょう。

もしくは傷病手当金を貰いながら療養するのもひとつです。

薬剤師さんは再就職先に困ることはないので安心してください。

 

 

2.仕事内容が思い描いていたのと違う

 

「入ったはいいが、思い描いていた病院業務と大きく違う」

というのは良く聞きます。

 

そこでやりがいを感じることが難しくなると、

「病院を辞めたい」となってきます。

業務内容に悩み退職を検討していることは上司にお伝えになっても良いかと思います。

 

ご自身のモチベーションとのギャップ

 

先ほども書きましたが、

調剤薬局やドラッグストアよりも病院薬剤師を希望される方は、

医療従事者として貢献したいという気持ちが強い方が多いです。

 

病院でひたすら調剤をさせられるだけだったり、

患者さんと向き合うこともなく業務をこなすことになると

「辞めたい」という気持ちが芽生えてきます。

 

薬剤師の人数が多い病院にありがちです。

病床数が少ないのに薬剤師の人数が十人以上になってくると

分業制になる可能性が高いので入職する前にしっかり見極めましょう。

 

門前に調剤薬局があるかどうかで処方箋をどうしているのかわかりますし、

基本的には見学で聞けば教えてくれます。

 

また療養型病院も一般的な病院と業務が違います。

しっかり見学で確認しましょう。

 

上長に相談すると解決するかも

 

解決策としては上長に相談してみることです。

あくまで予想ですが、そういった環境になっている職場は

病院全体がギクシャクしているようにも思えます。

 

看護部やドクターとの連携がとれなくなると、

業務が偏りがちになります。

 

劇的に改善されるかはわかりませんが、

上長が変えたいという気持ちがある方でしたら

辞めたいという気持ちは薄まるはずです。

 

 

3.給料が安い

 

実際に親元を離れて生活をしてみると、

意外に出費はかさむものです。

ご自身で計算していた以上にやりくりがうまくいかなくなります。

 

同じ大学の友人でドラッグや調剤に行った方と、

年収が50万円~100万円近く差がついていることもあります。

 

病院薬剤師は年収が上がりづらい

 

何度かこのサイトでも書きましたが、

病院薬剤師の給料が突然大幅にアップすることはないです。

(療養型の病院は年収が高いことがあります。)

 

奨学金などの返済で生活が苦しい方も転職するのも一つです。

 

現在の年収によりますが、

50~100万円は収入がアップするはずです。

 

 

誰かに相談してみましょう

  

「病院を辞めたい!」

と思ったら、家族でも友達でも相談してみることをオススメします。

人に話すことにより現状を客観的に見れるようにもなります。

 

家族の方は

「次の就職先が見つかるかわからない」

「石の上にも三年」

とおっしゃるかも知れませんが、身体を壊さない程度に勤務しましょう。

身体を壊すと応募できる求人数は激減します。

 

エージェントに相談するのも一つ

 

家族や友達にご相談される他にもエージェントに相談するのもひとつです。

たくさんの病院薬剤師さんの「辞めたい」というお悩みを聞いてきているので、

お一人お一人にあった解決策をご提案することも可能です。

 

例えば

「人間関係で悩まれて病院を転職された薬剤師さんはその後どうなったのか?」

なども知っているのはエージェントです。

 

エージェントにも利益目的でしか動かない人間もいます。

特に薬剤師さんのエージェントにはその傾向が強いので気をつけてください。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!