なにを基準に選ぶ?薬剤師が調剤薬局へ転職する際に

[最終更新日]2018/08/13


なにを基準に選ぶ?薬剤師が調剤薬局へ転職する際に

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は調剤薬局へ転職する薬剤師さん向けに書いていきます。

調剤薬局への転職といってもたくさんの職場があります。

その中で失敗しない為に書いていきます。

 

 

なぜ調剤薬局へ転職するのか

 

これは調剤薬局への転職に限らずですが

「なんとなく調剤薬局」

だと失敗する可能性があります。

新卒の方は「なんとなく大手」で失敗される方は多いです。

 

調剤薬局へ転職する理由を見つけましょう

 

「家から近い」

「パートで働けるから」

「給料が良い」

など様々あるかと思います。

 

そちらを基準にお仕事を探すようにしてください。

そこの軸がぶれると失敗してしまう可能性が高くなります。

 

 

他業種から調剤薬局へ

 

「病院から調剤薬局」「ドラッグストアから調剤薬局」

などで違和感や大変さを覚える方もいらっしゃいます。

 

業種が変わるからというのもありますが、

職場が変わるので大変ということもあります。

 

点書に失敗した原因の究明は重要です

 

「調剤薬局は合わなかった・・・」

という訳ではなく、その職場が合わなかったということもあります。

業種ではなく職場環境が原因かもしれません。

もし早期退職に繋がってしまう場合は理由をきちんと整理しましょう。

 

それが解消されなければ次に違う業種へ転職される場合も

ミスマッチが起きてしまうかもしれません。

 

 

調剤薬局から調剤薬局へ

 

同じ調剤薬局への転職でも

「大手に行くのか」「地域密着に行くのか」

で変わってきます。

 

「なぜその調剤薬局なのか?」

を考えましょう。

 

理由はご自身の願いで大丈夫です

 

「子育てをしているから家から近い方がいい」

「家事をしているから時間が自分に合っている」

という理由でも問題ありません。

 

 

調剤薬局を選ぶ時のポイント

 

正社員の方で年収が年齢のわりに低い方でしたら、

年収の大幅アップを狙うのは大いにありです。

 

ただ都心部で年収600万円以上を

転職で実現することはかなり難しいです。

どうしても600万円以上を希望される場合、

一人薬剤師兼管理薬剤師になる可能性は高いです。

 

 

長期で勤務する予定の転職なら

 

ある程度年収が高い方は昇給率を気にした方が良いです。

 

例えば年収600万円から毎年3%の昇給率だと、

10年勤続すると年収800万円となります。

 

実際に10~20年以上同じ職場で勤務されていると

年収700万円以上になるケースはあります。

 

ある程度の年収になると、役職をつけられたりして

思うように昇給がいかない可能性もありますが、

昇給率は高い方がいいです。

 

 

調剤薬局へ転職するには

 

エージェントに頼むか、ご自身で探されるかです。

大手や採用サイトがある会社へはご自身で応募されても良いかと思います。

 

地域密着でサイトがなかったり情報が少ない調剤薬局は

エージェントに入ってもらった方が良いかと思います。

 

入社後に条件が違ったともめることがありますが、

エージェントが入ると書面を作るのでそういったトラブルが減ります。

 

 

まとめ

 

調剤薬局へ転職する方も転職する意味をしっかり考えてしましょう。

お仕事探しは私の方でもお手伝いします。

 

お気軽にご連絡ください!

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!