あなたも同じ!?調剤薬局の薬剤師さんの悩み【ベスト3】

[最終更新日]2017/11/23


あなたも同じ!?調剤薬局の薬剤師さんの悩み【ベスト3】

 

こんにちは!

 

今日は調剤薬局で勤務されている薬剤師さんが抱える悩みについて書いていきます。

私は転職エージェントですので、ご相談を頂いた時点での悩みとなります。

 

多くの方が比較的近い悩みを抱えています。

調剤薬局の薬剤師さんが悩み転職する理由は下記のとおりです。

 

 

1.移動時間・転勤での悩み

 

特に大手調剤薬局に勤めている薬剤師さんが

こちらを理由にお辞めになります。

 

人材の流動が激しいため、

色々な店舗へ応援に行かなければいけません。

公共交通機関で片道90分以内の店舗への異動や応援は頻繁にあります。

 

新卒の方やこれから復職される方で、

大手の調剤薬局を検討されている方はこちらも踏まえて検討しましょう。

 

「90分なら大丈夫」と話される方も多いですが、

仕事をする時間と電車に乗っている時間で1日のほとんどが終わります。

また勤務時間や残業時間で悩まれている方も多いです。

 

 

解決方法

 

既に大手にいらっしゃる方は転職をされるか我慢されるかです。

正社員だと異動や応援を断ることはほぼ不可能です。

 

地域密着の調剤にお勤めの方は、

上司や社長に相談してみるのも一つです。

1人1人の影響力が大きいため、改善される場合もあります。

 

 

2.人間関係での悩み

 

事情は様々ですが、人間関係に悩まれている方は多いです。

特に薬剤師数が少ない職場ではこの傾向が強いです。

 

人員が少ないと1人の負担が増え、忙しくなります。

「休みがとりづらい」「残業が多い」

などの理由により、空気が悪くなっていく傾向にあります。

 

まれに空き時間が多すぎて、人間関係がうまくいかなくなる職場もあります。

適度な忙しさがベストということですね。

 

解決方法

 

複数店舗がある会社にお勤めであれば、

店舗の異動を依頼するのが効果的です。

 

ただし、次の店舗でもうまくいかないとなると

ご自身に問題があるのではないかと言われることがあります。

 

人間の印象は初めが重要です。

異動先の店舗では、早めに出勤する、

積極的に業務を行う。

周りのフォローを行うなどして信頼を得るように心がけましょう。

 

 

3.給料などの待遇での悩み

 

「求人サイトを見ていると同じ年代の薬剤師の給料がかなり高い・・・。」

など給料に関するお悩みを抱えている方は多いです。

 

 

解決方法

 

単純に額面だけ見るので隣の芝生は青いということがほとんどです。

ドラッグと調剤薬局を比較すると、ドラッグストアの方が年収は高いです。

しかし労働時間も長くなります。

 

年収が高い求人は何か隠れています。

・1人薬剤師ではないか。

・僻地や離島にないか。

・年間休日は少なくないか。

・処方箋枚数と薬剤師数は比例しているか。

 

色々な理由がありますが、

これらを全て調べてご自身で納得いかれるようでしたら

そちらの職場へ転職されるのも一つです。

 

また転職される前に、管理職の方へ年収の交渉をしてみるのも一つです。

 

 

まとめ

 

今回は調剤薬局にお勤めの薬剤師さんの悩みについて書いていきました。

お悩みは人それぞれ変わってきます。

 

もし個別で相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!