【薬剤師必見】知らないと損をする!?求人の選び方!【虎の巻】


こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は求人の選び方について書いていきます。

適当に決めてしまうと後悔してしまうかもしれません。

「転職し放題」ではなく「求人選び放題!だからしっかり選ぼう」というスタンスの方が確実です。

転職回数が増えると面接にすらいけないケースが増えてきています。

 

 

求人の選び方のコツについて

 

求人選びのコツはいくつかあるので記載していきます。

求人選びに失敗すると転職を繰り返すことになり、キャリアに行き詰ることもあります。

参考にしてみてください。

 

職場に求める条件を整理する

 

恐らく求人を探すということは転職や就職を考えていらっしゃるのだと思います。

どんな方でも職場に求める条件があります。

 

例えば

「年収低くてもいいから家から近いこと」

「場所はどこでもいいからとにかく年収が高いこと」

では真逆です。

 

ご自身が職場に求めるものを整理しましょう。

休日や年収に目移りしてしまって

当初の目的を忘れてしまう方は多いです。

 

求人を選んでいると忘れてしまいますが、

応募する前にきちんと確認するようにしましょう。

 

ネットの情報を鵜呑みにしない

 

残念ですが、ネット上では自分の利益目的のために

いい加減な情報を流しているサイトはたくさんあります。

 

また求人票やその会社のサイトを見て

「サイトが綺麗じゃないから行かない」

という方もいらっしゃいます。

 

実際の職場は綺麗だったり、逆にサイトは綺麗だけれど

見学に行くと職場の雰囲気が暗かったりします。

 

家探しと近いです。

ネットの情報だけで判断をしてしまうと勿体ないケースもあります。

 

求人選びをしていて、

気になるならとりあえず見に行ってみるのもひとつです。

 

職場をしっかり確認する

 

面接や見学の際にはきちんと働いている方の雰囲気や

職場環境を確認しましょう。

 

「雰囲気はいいのか。」

「実際に通勤時間はどれくらいかかりそうか。」

「設備や処方箋はどういう感じか。」

などです。

 

不安なら体験入社を

 

不安であれば体験入社をしましょう。

求人情報だけではわからないことが見えてきます。

 

3時間も働ければ、ご自身がどのような流れで

どういう仕事をするのかが見えてきます。

また職場の雰囲気もよくわかります。

 

求人や職場を選ぶ際に悩まれたら、

こちらをされるのが一番不安が解消されます。

ただし受入先への負担が大きいので入社される前提で行くようにしましょう。

 

 

まとめ

 

求人の選び方について書いていきました。

薬剤師はすぐに採用を貰えるため、

なんとなく就職や転職される方は多いです。

 

早期退職を繰り返さない為にもきちんと求人を選びましょう。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由