【薬剤師必見】療養型病院と一般病院の仕事内容は違います!

[最終更新日]2018/09/11


【薬剤師必見】療養型病院と一般病院の仕事内容は違います!

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は療養型と一般病院の

病院薬剤師の仕事内容について書いていきます。

 

結論を先に書いておくと

「病院薬剤師になりたいから療養型病院へ行こう!」

という方は注意が必要です。

業務内容や身につくスキル、給料は全く変わってきます。

 

 

病院による違いとは

 

まず病院の違いを理解しておく必要があります。

下記が非常にわかりやすいです。

 

【参考】療養型業院について/桜台病院

 

わかりやすくいうと、私たちがドラマで見るような

緊急のオペが必要な病院等は一般病院です。

療養型病院とは長期に渡り入院が必要な病院です。

 

 

同じ病院薬剤師でも仕事内容は違う

 

「病院薬剤師でも仕事内容は違うんですか?」

と質問を頂きますが、全く違います。

下記がわかりやすいのでご覧ください。

 

【参照】病院薬剤師の仕事/東京都薬剤師会

 

また診療科目も療養型病院は少ない傾向が多いため、

業務量が全体的に一般病院の方が多いです。

 

一般病院の薬剤師の業務は多岐にわたる

 

箇条書きにすると下記のような形です。

・調剤業務
・製剤業務
・注射調剤業務
・注射薬混合調製業務
・外来化学療法室
・救命救急業務
・医薬品情報業務
・治験業務
・チーム医療
・病棟薬剤業務
・疑義照会とプレアボイド
・薬剤師外来
・専門薬剤師

 

療養型病院は業務が減る

 

箇条書きにすると下記のような形です。

・調剤業務
・製剤業務
・注射調剤業務
・注射薬混合調製業務
・医薬品情報業務
・病棟薬剤業務
・疑義照会とプレアボイド

 

実際は院内調剤と医薬品情報業務、病棟、

点滴業務くらいの療養型病院もあります。

 

 

療養型病院は注意が必要

 

就ける業務が少ないとその分スキルとしても身につきません。

やらないのだから身につかないのは仕方ないことです。

その為、療養型病院の経験者が一般病院に行っても戦力にならないことは多いです。

 

(余談ですが、大学病院などの大規模な病院も短期間の勤務だと

 同じ業務しかできずスキルとして身につかないこともあります。)

 

そのため、多くの一般病院の人事担当者の方は

「療養型病院の経験じゃ業務経験に入りませんね・・・」

とおっしゃいます。

 

療養型病院は人気がないから給料が高い

 

スキルアップや業務的な部分で療養型病院は人気がないです。

病院薬剤師の仕事としての醍醐味の業務がないからです。

 

また療養型病院は郊外や僻地にあることが多いため、

薬剤師が集まりにくいです。

通勤時間を気にされる薬剤師は多いです。

そのため、年収は500~600万円程度のことが多いです。

 

 

病院希望者は一般病院へ行きましょう

 

特に新卒の方がイメージされる病院薬剤師は一般病院です。

病院希望者の方は一般病院へ行きましょう。

 

化学療法などをされたかった方が療養型の病院へ行かれると

「こんなはずじゃなかった」

と思われる可能性は極めて高いです。

 

また一般病院でも稀に科目が3~4科目のみというところもあります。

できればたくさんの科目が見られる病院へ行きましょう。

 

 

まとめ

 

療養型病院と一般病院の仕事内容の違いを書いていきました。

参考にしてみてください。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!