【必読】3年目で転職する薬剤師が失敗しない為にすべき事!

                         

[最終更新日]2017/10/03


【必読】3年目で転職する薬剤師が失敗しない為にすべき事!

 

こんにちは!

 

今日は薬剤師になって3年目程度経ち、

「転職」という文字が頭によぎっている方向けに書いていきます。

転職に失敗したくない方はぜひ読んでみてください。

 

 

3年目で転職する理由は何?

 

3年目の薬剤師さんに多い理由は

「転勤や異動が多く疲れた」

「人間関係に疲れた」

「残業が他の職場より多い気がする」

「働いている割には給料が安いと思う」

です。

 

新卒で多くの方が大手へ行く

 

これらは新卒で大手へ行く方が多い為に出てくる転職理由です。

 

大手さんは

「通勤時間90分以内の店舗へ異動」

「正社員は基本的に全国どこへでも転勤有」

「総合病院の門前で人数は少ないけれど忙しいから残業が発生する」

ということが多いです。

 

薬剤師になり3年程度経つと、いろいろな情報も入ってくるようになり

転職を検討される方が増えます。

 

 

転職で悩みを解消できるかどうか

 

転職先を探すときには「転職する理由を解消できるか」を意識しましょう。

転職相談をしていると、ぶれてくる方がいらっしゃいます。

転職の目的は悩みを解消する為です。

 

「通勤に疲れたから自宅から近くへ転職したい」

と話されていた方が

「家から遠いのですが転職活動に疲れたので決めました」

とおっしゃることがあります。

 

残念ですが、かなりの確率で長くは続きません。

早期退職が続くとキャリアも行き詰ります。

 

3年目の方に限らずですが、

転職される理由を解消するために転職をしましょう。

 

 

3年目で実現できる年収

 

3年目で実現できる年収は調剤であれば年収600万円がMAXだと思います。

 

本当に僻地であれば、もう少し行くかもしれませんが、

1人薬剤師で管理薬剤師を行う形になります。

それに対応できる3年目の方はかなり少ないと思います。

 

ドラッグストアも転職先によりますが同じくらいでしょう。

 

病院は一般と療養型によって違いますが、

こちらも最高で年収600万円貰えれば良いと思います。

調剤などに比べてもらえる方はさらに少ないです。

 

 

キャリアをしっかり考える

 

3年目で転職した場合、

それ以降のキャリアをしっかり考える必要があります。

 

管理薬剤師をすれば年収600万円貰えますが、

店舗数が少ない薬局ですと管理薬剤師の枠がなかなか空かない可能性が高いです。

 

また管理薬剤師に就けたとしても、

エリアマネージャーなどの役職がない職場では年収が頭打ちになる可能性があります。

 

転職時の見学や面接で、

昇給やキャリアアップについてはしっかり確認するようにしましょう。

 

 

退職する方法

 

基本的には退職したい日の2週間前に伝えれば大丈夫です。

参考:福岡労働局 Q&A

 

ただし、なるべく早めに伝えると今働いている職場の方が助かります。

通常、転職先から内定を貰って1~2か月後となります。

口約束ではなく、内定通知書などを貰ってから退職を申し出るようにしましょう。

 

 

まとめ

 

3年目で転職する際の注意点などを書いていきました。

ほとんどの方が初めての転職で悩まれるかもしれません。

 

質問などがあればお気軽にご連絡ください!

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!