【必読】薬剤師向け。調剤薬局の求人を見極めるポイント

[最終更新日]2018/09/14


【必読】薬剤師向け。調剤薬局の求人を見極めるポイント

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日は調剤薬局の求人を見極めるポイントを書いていきます。

これから調剤薬局の求人を探す方は参考にしてみてください。

 

 

従業員の情報をよく見る

 

調剤薬局において従業員数はとても重要です。

処方箋枚数と科目。

そして勤務されている薬剤師さんの人数を確認するようにしましょう。

 

求人票に書いていなくても聞けば教えてもらえます。

薬剤師が多いように見えても、

処方箋が重たいとそこまで余力が無い可能性もあります。

 

また勤務されている薬剤師さんに年配の方が多いと

人数の割には業務がうまく裁けないということもあります。

 

年配の方ですとどうしてもスピード感が落ちる傾向にあるからです。

ドラッグストアよりも調剤薬局の方が顕著に表れます。

 

最近の調剤薬局では在宅を行っているところが多いです。

それにより業務量が変わってくるのでそちらも確認しましょう。

 

 

職場見学は重要

 

調剤薬局に限らずですが、

職場の雰囲気や人間関係を重視する方は多いです。

 

しかし、実際に見学へ行こうとする方は少ないです。

求人票に書いてある年収や処方箋枚数などを気にする方の方が多いです。

 

調剤薬局はドラッグや病院に比べて

限られたスペースの中での仕事になります。

求人票の内容も重要ですが、見学もかなり重要だと思います。

 

どれだけ条件にあっていても、

雰囲気が微妙だと転職しても失敗してしまいます。

 

「条件が希望と違うけれど雰囲気が良いからここに決めます」

とおっしゃる方は多いです。

 

 

店舗数と展開エリア

 

調剤薬局においても店舗数と展開エリアが重要な理由は、

それによって転勤・異動が発生するからです。

 

求人に載っていなくても、

サイトで店舗を確認するなどしてチェックしましょう。

 

大手さんはほぼ異動・転勤がある

 

大手の調剤薬局さんは求人票などに載っていなくても、

ほぼ99%の確率で転勤・異動が発生します。

特に正社員の方は気を付けましょう。

 

転勤・異動が難しい方は入社前にしっかりと確認した方が良いです。

大手さんでも通勤時間が決まっている「地域限定社員」のような働き方がある所もあります。

地域展開をしている調剤薬局だと転勤が起こる可能性は低いです。

 

 

エージェントの言うことを鵜呑みにしすぎない

 

転職エージェントは頼りになりますが、

売り上げ重視で動く担当者もいます。

 

私は人事担当者として病院の採用をお手伝いすることもありますが、

こちらで説明している事と違う説明をして

面接に求職者を連れてくるエージェントもいます。

 

「面接に行けばなんとかなる」

と思っているエージェントは少なからずいらっしゃいます。

都合よく求人を解釈するエージェントもいるので気を付けましょう。

 

 

労働条件通知書は貰う

 

内定後、入社前後に労働条件通知書がもらえます。

こちらをもらっておくと給料が違った場合などに異議申し立てができます。

 

口頭ですと言った言わないになり、証明することも難しくなります。

調剤薬局に限らずですが、求人に応募して受かった際は気にしましょう。

社判が押してある書面を貰うことは重要です。

 

 

まとめ

 

調剤薬局の求人を見極めるポイントを書いていきました。

私もエージェントです。

 

調剤希望の方で転職にお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!