【必見】薬剤師向け!転職時の不安を解消する方法


こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は転職で生じる不安を解消する方法です。

就職活動中の方も参考にしてみてください。

 

先に結論を書くと、ご自身の心境を書きだしすることにより可視化できます。

それに対する対応方法や環境を比較することにより不安は多少解消されます。

 

 

長く勤めている程不安になる傾向がある

 

転職をする際、長く勤めている職場を辞める方の方が、

不安を抱きやすい傾向にあると思います。

 

感情を数値化することはできないのですが、

私が客観的に拝見していて感じることです。

 

理由は長く勤めている職場になるほど

自分の慣れ親しんだ環境だというのが大きいでしょう。

人間関係や職場環境なども熟知されています。

 

 

なぜ転職は不安なのか

 

「なんとなく不安」という方は多いです。

また「頭では理解していても不安」というケースは多いです。

私自身もあります。

そんな中でも、転職活動に関する不安を少しでも解消できる方法を紹介します。

 

不安の原因を分析をしてみる

 

不安の原因を分析してみましょう。

「人間関係が不安」

「本当に年収がアップして転職できるのか不安」

「配属先が家から遠くならないか不安」

などです。

これらをできる限り、詳しく調べていくことです。

 

 

不安な点を確認していく

 

例えば「人間関係が不安」という方は、

ご自信が配属される職場で働いている方の世代・性別や離職率を聞いてみるのも一つです。

 

辞めた方がいらっしゃった場合、

「なぜその方がお辞めになったのか」

もしっかり聞きましょう。

 

辞めた方が本音を伝えて辞めていないケースもありますが、

ひとつの指標になります。

 

人間関係の不安は職場見学へ行けばなんとなくわかります。

従業員の方同士が談笑している職場で人間関係が悪いことはあまりないです。

 

不安な部分を冷静に分析してみる

 

不安を感じている部分の横に集めた情報を書いてみます。

それらを見比べることによって客観視することが出来ます。

感情としての不安が客観的に見ることが出来、整理できることもあります。

 

複数の職場を見ることも重要

 

1つの職場ではなく同時に3つ程度見てみると職場の良し悪しがよくわかります。

 

住む家を探すときに似ています。

もし悩むようであれば他の職場も見に行ってみましょう。

 

「なぜ転職しようと思ったのか」を振り返る

 

なぜ転職をしようと思いましたが?

忙しいから?家から遠いから?給料が安いから?

誰かに相談されて解消できるお悩みであれば転職されないというのも一つです。

 

しかし解消されず、それが強いストレスになるのであればやはり転職をせざる得ません。

そのストレスを解消するために転職をすると思えば不安も薄らぐはずです。

 

また当初の転職される理由(転職したい原因)を忘れて、

転職される方もいらっしゃいます。

 

例えば

「残業が少ない職場を希望していたはずなのに、年収にひかれて忙しい職場に転職してしまう」

ということは割とあります。

 

それを解消できないとミスマッチでまた転職する可能性が高まってしまいます。

 

 

まとめ

 

転職活動に限らず「不安」は感情が引き起こすものです。

それを客観的に整理する方法を書いていきました。

少しでも皆さんの職場に対する不安が解消されることを願っております。

 

私もエージェントです。

ご不安な点があればお気軽に!

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由