【必見】薬剤師がMRから他業種へ転職する際に気を付けること!


こんにちは!

寿五郎です。

 

今回は薬剤師の資格をもち、現在MRとして勤務をされていて

調剤薬局やドラッグストア・病院などの

他業種への転職を考えている方向けに書いていきます。

 

結論を先に書いておくと、MRからの転職はなかなか厳しい状況です。

今後もMRとしてご活躍されるか、

それとも早めに違う業種に移られるかになります。

 

 

ほぼ確実にMR時代より年収は下がる

 

MRから他業種へ転職されると年収は大幅に下がります。

ご経験・年齢にもよりますが

年収1000万円以上もらっているMRの方もいらっしゃいます。

 

違う業種に転職される場合、

薬剤師の資格があっても年収は下がります。

MRとしてのご経験が豊富でも、転職される職種は未経験だからです。

 

未経験者と同じ待遇になる可能性が高い

 

雇う側としては何か特別なスキルがない限りは

新卒を採用するのと同じです。

ほとんどのMRの方は年収が下がると思っていた方が良いです。

 

「MRが大変だから転職を考えている」

という方が年収がどれくらいになるかを聞いて転職を止めるケースは多いです。

問い合わせを頂いてもほとんどのMRの方が転職はされない方向になります。

 

 

「MR経験が活かせる」は微妙かも

 

基本的には活かせません。

ご自身がMRとしてご活躍され、人脈もありという方以外は難しいでしょう。

 

MRをされている方の中には、仲が良かった先生が独立される際に

門前の調剤薬局の社長として独立される方もいらっしゃいます。

 

また取引先の調剤薬局の社長と仲良くなり、

管理部門などへ入社される方もいらっしゃいます。

 

薬の知識が新卒の方よりあるという点を除いては

基本的にはあまり活かせません。

 

早めに転職しないと・・・。

 

年齢と経験を重ねるほどに通常は年収がアップしていきます。

その為、50代で転職をする時に大幅な年収ダウンをする可能性があります。

その為、転職をされるのであればなるべく若い年齢で決断された方がいいです。

 

 

定年後の再就職は長期勤務する覚悟を

 

またMR経験者の方で60才で定年を迎えてから

ドラッグストアを希望される方は多いです。

「調剤は出来ないので調剤薬局や病院は無理。だからドラッグストア。」

とおっしゃる方がほとんどです。

 

ただドラッグストアもそういった方からの応募が多く、

薬剤師の免許を持っていたからといって受かるとは限りません。

職歴が多かったりされると採用になる可能性は低いです。

 

基本的には受けられる先がドラッグストア一択になってしまい、

細かい条件などを出すと再就職することはかなり難しくなります。

 

転職できなくなる可能性は高い

 

せっかくMRから他業種へ入社できたのにすぐに辞める方もいらっしゃいます。

恐らく再就職がすぐにできたため、転職し放題と考えているのだと思います。

 

こちらはMR出身の方に限らずですが、

転職できなくなるタイミングは突然訪れます。

その時に焦っても手遅れなケースが多いです。

 

60歳以上で再就職できた場合は長期勤務するようにしましょう。

次の転職が出来なくなります。

 

 

まとめ

 

MRから他の業種への転職を検討されている薬剤師さん向けに書きました。

なかなか厳しいと思いますが、良い転職先が見つかることを願っております。

 

私もエージェントです。

なにかあればお気軽に!

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由