『休みがない!!』薬剤師がそんな職場へ転職しない為に

[最終更新日]2017/08/13


『休みがない!!』薬剤師がそんな職へ転職しない為に

 

こんにちは!

 

今日は転職後に「休みがない」と後悔しないために、

チェックしていくべき点を書いていきます。

 

 

「休みがない」を防ぐには

 

「休みがないからやめたい」

という薬剤師さんは少なからずいらっしゃいます。

 

転職をして同じようにならないために、

チェックポイントを書いていきます。

 

 

年間休日を聞く

 

前年の年間休日を聞いてみましょう。

ハローワークの求人票などにも書いてあります。

 

よくあるのが

「週休2日だが祝日は出勤」

というケースです。

 

祝日は年間16日あります。

参考:内閣府

 

職場によるので断言はできませんが、

年末年始・お盆と5日程度のお休みとなる職場もあります。

 

そういったお休みがない職場は

祝日+年末年始・お盆で25日程度休みが少ないという計算になります。

 

ドラッグストアや病院はおおよそ年間休日が105日前後。

調剤薬局は法人によりますがおおよそ年間120日程度の休日となります。

 

 

薬剤師の人数と処方箋枚数を聞く

 

休みがとりづらい職場の傾向を書きます。

社長が同じ職場にいると休みは取りづらいです。

 

特に常勤が1名でそれ以外の方は非常勤の職場に

ご自身が常勤で入ってしまう場合です。

 

処方箋の枚数と薬剤師の人数の割合で

休みがとりやすいかを考えてみましょう。

 

常勤(正社員)が複数名いる職場であれば、

非常勤(パート)の方は休みやすい職場が多いです。

 

病院の場合は救急の有無

 

病院の場合は救急対応をしているかを聞きましょう。

総合病院の多くは対応しているはずです。

 

その場合、薬剤師はどういった仕事をするのか。

当直や呼び出しはあるのかも聞きましょう。

 

この場合も、常勤の薬剤師が複数名いれば

自分への負担は軽減されるため、

「休みづらい」「休めない」というケースは少ないです。

 

 

ストレートに聞く

 

転職する理由を

「今の職場の休みが少ないため」

ということを伝えれば、多くの職場はきちんと対応して頂けます。

 

転職する先も早期退職をされると

教育する労力だけかかってしまうからです。

 

ご自身で連絡されるのであれば

「休みはどれくらいあるのか?」

など聞いて、メールなどの文面でもらいましょう。

 

 

まとめ

 

「休みがない」

とならないために確認すべき点を書いていきました。

 

これからお休みの為に転職を考えている方は参考にしてみてください!

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!