『もう疲れた・・・。』と思った薬剤師さんが読む話


こんにちは!

寿五郎です!

 

今日は「疲れた」と悩んでいる薬剤師さんの為に書いていきます。

体調を崩される薬剤師さんは多くいらっしゃいます。

 

先に結論を書いておくと、体調を崩す前に休職・退職をして体調を整えましょう。

ご年齢や経験によりますが、ほとんどの方が再就職できます。

 

 

体調を崩すのであれば休みましょう

 

「疲れた」という状態で働き続けて体調を崩される方は多いです。

医療従事者は看護師やドクターなど多くの職種の方がいらっしゃいますが、

体調を崩されてご病気になる方は薬剤師さんに多くいらっしゃいます。

 

一度持病を持たれると、そちらを治すのにも時間がかかります。

大変ですので、そうなる前に休職するか辞めてしまいましょう。

 

加入の健康保険協会によっては休職しても手当の支給されます。

体調不良の方は、傷病手当金の給付があるか確認しましょう。

 

その職場で頑張った結果、病気になられたからといって、

生涯を保証をしてくれる会社はほとんどないです。

 

半年や1年休んでも問題はない

 

薬剤師は半年、1年休んだからといって

次の就職が見つからなくなることはまずないです。

 

子育てをされていて10年近くブランクのある方が

再就職する際も問題なく就業できます。

 

それに比べると半年や1年など短い方です。

本当に疲れていて体調を崩されるのであれば辞めてしまいましょう。

 

中途半端に休職をされるよりは、ある程度病気が良くなるまで

お休みになったほうがその後のキャリアを築きやすくなります。

 

 

疲れているなら休職・退職するのも一つ

 

体調を崩される程ではない方も、

一度休職や退職されるのも一つです。

 

先ほどと重なりますが、15年ブランクがある方でも再就職できます。

疲れているのであれば1か月程度休まれて、それから転職活動をするというのも一つです。

 

忙しくない職場は探せばある

 

忙しくない職場は探せばあります。

ただし給与面は期待しないようにしましょう。

 

処方箋が少ない。

もしくは処方箋の枚数より薬剤師の人数が多い所を探してみましょう。

気になる方は科目も確認しましょう。

 

同じ病院の門前でも薬局によって枚数は異なります。

ご自身の働きたいエリアが決まられている方は

複数の店舗の情報を確認しましょう。

 

 

まとめ

 

疲れている薬剤師さんは多いです。

私は病気になられた薬剤師さんと何人もお話をしてきました。

 

疲れているのであれば、病気になる前に一度休むことをおススメします。

無理をされないことを願っております。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由