「仕事を辞めたい。」そんな薬剤師の悩みを解決します!


こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は「仕事を辞めたい!!」

と思っている薬剤師さん向けに書いていきます。

 

まずはよくある辞めたい理由を書き、

それに対する解決方法を記載していきます。

 

先に書いておきますと、解決方法は記載しますが

精神的・肉体的にご病気になられる前に辞めましょう。

傷病手当金が貰えるようであればそちらを貰いながら休職するのがひとつです。

 

薬剤師は仕事が見つかりやすい職種ではありますが、

持病を抱えてしまうと難しくなります。

 

 

薬剤師さんが仕事を辞めたい理由とは

 

1.人間関係

2.会社や仕事に対する不満

3.スキルアップ

 

大きくこの3つとなります。

それ以外のものは最後に記載します。

 

それぞれ解決方法を書いていきます。

 

 

人間関係が原因で辞めたい場合

 

「職場の雰囲気が自分に合わない」

「上司のパワハラがひどい」

「同僚と馬が合わない」

などいろいろな原因があります。

 

これが原因で体調を崩される方はいらっしゃいます。

そうなる前に休職するか退職しましょう。

 

解決策

 

まずは上司に相談することです。

相手の方に非がある場合、ほとんどの上司が頭を悩ませています。

上司に問題がありならその上の方に相談しましょう。

 

人間関係に関してはなかなか難しく、多くの職場が悩んでいます。

店舗異動が可能な場合は店舗異動を願い出るのも一つです。

 

厄介なケース

 

一番困るのが相手に99%非があるにも関わらず、

「あなたにも問題があるんじゃないの?」

とやんわりと言ってくる上司です。

 

本来なら上司がうまくマネジメントできていれば

この様な事態は防げますが、マネジメントできていない為

悪化していることも考えられます。

この場合もさらに上の上司に相談してみましょう。

 

もし社長がご自身の悩みに関係している場合は転職するしかないかもしれません。

特に中小の会社は解決することが難しいです。

 

親族経営などはほぼ解決することは不可能です。

転職することをお勧めします。

 

 

会社や仕事に対する不満

 

「自分のやりたい仕事ができない」

「今の会社だと自分の描いているキャリアが詰めそうにない」

「大学の同級生と比べて給料が安い」

など様々な原因があります。

 

解決方法

 

思いのたけを上司にぶつけてみるのも有効です。

薬剤師さんはどの職場も人手が足りていません。

 

突然「辞めます」とお伝えされるより、会社としても

辞めたい原因があるのであれば何とかしようと思う所の方が多いです。

 

例えば、複数店舗がある会社であれば

やりたい仕事ができる職場に異動できる可能性もあります。

 

給料の件も同じです。

相談すれば対応してもらえる可能性があります。

 

エージェントに相談するのも一つ

 

上司に相談するのに抵抗がある場合、

私のようなエージェントに相談してみて

解決できそうかの見込みを聞いてみるのも一つです。

 

ただ多くのエージェントは転職を成功させることにより

売り上げを立てています。

やたらと退職と転職を勧めてくる人もいるので注意しましょう。

 

 

スキルアップをしたい方

 

「店舗が少なく研修が少ない。」

「配属先が忙しく、研修に行く暇がない」

などの方が抱かれる不満となります。

 

解決策

 

会社負担でどんどん研修に行かせてもらえるように頼んでみましょう。

研修へ行きたいという気持ちをネガティブにとらえる会社は少ないです。

会社側もスキルアップをしてもらえた方が会社のためになるからです。

 

スキルアップに否定的な会社は少ないですが、

もし難しければ研修制度がしっかりしている会社へ転職するのも一つです。

 

 

それ以外の仕事を辞めたい理由

 

男女問わずあるのが

「異動で遠い勤務地になった」

「年収が他の同年代の方より少ない」

などの転職理由があります。

 

女性は

「旦那さんの転勤」

「出産・育休」

などがあります。

それぞれ事情があります。

 

 

会社との相性はあります

 

会社との相性はどうして出てきます。

 

一つ目の職場では過少評価されていたけれど、

次の職場での方針がご自身とマッチし、

大いに活躍される方もいらっしゃいます。

 

私の経験談

 

私自身、5人くらいの会社で営業をしていた時は

その会社独特のルールがありボコボコに叩かれました。

 

その後、上場している1万人くらい従業員がいる営業会社に転職した際は

社風とマッチし、力を発揮することが出来ました。

 

薬剤師さんも同様です

 

大手より中小の薬局向き

中小より大手の薬局向き

ドラッグより調剤向き

 

など人により様々です。

ご自身が向上心にあふれているのにも関わらず、

今の会社で空回りしている場合は転職をするというのも一つです。

 

ただし転職を繰り返してしまうとご自身に問題があるのではないかと思われてしまいます。

ご自身に合う職場が見つかった場合はそちらでなるべく長く勤務しましょう。

 

不安であれば職場見学をしっかり行いましょう。

中にはミスマッチを防ぐために体験入社をさせてくれる職場もあります。

 

 

まとめ

 

私は転職をあまりすすめないタイプなんですが、

体調を崩されてしまうようでしたら転職しましょう。

よく言われますが、健康はお金では買えません。

 

ぜひ、心身ともに充実し、活躍できる職場を探して頂ければと思います。


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由